トミの韓国語講座が、LINEで全部学べます!登録はこちら>>

【中級韓国語講座 第1回】間接話法の아/어 달라고 하다、아/어 주라고 하다、(ㄴ/는)다면서요?

안녕하세요!! 토미입니다!

今日は、とうとう記念すべき中級講座の1回目になりました。

もうこの日を待ちわびていたので、涙がでるほど感動です。

皆さん、すべての中級講座をやり切って、中級マスターになっちゃいましょう!

今日学ぶ文法は、아/어 달라고 하다「~してほしいと言う」と、아/어 주라고 하다「~してあげてと言う」と、(ㄴ/는)다면서요?「~するんですって?」を学びます。

初級で補いきれなかった間接話法になります。

これを学ぶことで第三者が言ったことも、ちゃんと伝えることができるようになります。

それでは、今日も元気よく学習していきましょう!

그럼 시작할게요!

【中級韓国語講座 第1回】間接話法の아/어 달라고 하다、아/어 주라고 하다、(ㄴ/는)다면서요?

아/어 달라고 하다 ~してほしいと言う

[아/어 달라고 하다]は、「~してほしいと言う」という意味で、主に動詞につきます。

[하다]を[말하다]に変えて、[아/어 달라고 말하다]と言うこともできます。

また、[아/어 달래요]は縮約形で会話でしょっちゅう使います。

活用方法は、ヘヨ体から[요]を取って、[달라고 하다]をつければOKです。

[보다]「見る」は、ヘヨ体が[봐요]なので、ここから[요]を取って [봐 달라고 하다]「見てほしいと言う」となります。

[읽다]「読む」は、ヘヨ体が[읽어요]となるので、[요]を取って [읽어 달라고 하다]「読んでくれと言う」となります

では、例文で確認してみましょう。

동생이 무조건 와 달라고 하니까 아무래도 가 봐야 될 것 같아요.
弟が何が何でも来てくれって言うから、どうも行ってみなきゃいけなそうです。

ここは、[오다]のヘヨ体[와요]から[요]を取って、[달라고 하다]をつけて、[와 달라고 하다]「来てくれと言う」としています。

次の例文を見てみましょう。

엄마가 아침에 일찍 깨워 달라고 한 것 같은데 이제 깨울까요?
お母さんが朝早く起こしてって言った気がしたんだけど、もう起こしましょうか?

ここで、[깨우다]「起こす」のヘヨ体は[깨워요]なので、ここから[요]を取って、[깨워 달라고 하다]「起こしてって言う」としています。

クイズ

では、簡単にクイズを通して理解を更に深めていきましょう。

皆さんは満点が取れるでしょうか?

カッコの中に入る番号をあててください。

직원들이 작업량이 많으니까 인원을 더 ( ).
職員たちが、作業量が多いから、人員をもっと増やしてほしいって言ってるんですよね。
(1) 늘려 달라고 하네요 (2)늘리네요

そうですよね。作業量が多い時には、人が必要ですよね。

ここで、「増やす」は[늘리다]です。

[늘리다]のヘヨ体は、[늘려요]なので、[요]を取って[달라고 하다]をつけて、[늘려 달라고 하다]とすれば、「増やしてほしいと言う」になります。

ここでは、最後に[네요]がついて、[늘려 달라고 하네요]となります。

縮約形にすると、늘려 달래요. になります。ですので、正解は、1番です。

全て合わせて一緒に発音してみましょう。

직원들이 작업량이 많으니까 인원을 더 늘려 달라고 하네요.

はい!じゃ、次に行っちゃいましょう!

식당 아주머니에게 국물을 더 ( ).
食堂のおばちゃんにスープをもっと入れてくださいといいました。
(1)담아 주세요. (2) 담아 달라고 했어요

正解は2番です。

ここで、「(お皿などに)入れる」は[담다]です。

[담다]のヘヨ体[담아요]から[요]を取って[달라고 하다]をつけると、[담아 달라고 하다]「入れてと言う」となります。

ここでは、「言いました」と過去形なので、[담아 달라고 했어요]みたいにすればいいですね。

正解を入れてみんなで一緒に読んでみましょう!

식당 아주머니에게 국물을 더 ( 담아 달라고 했어요 ).

아/어 주라고 하다

[아/어 주라고 하다]は、「(第3者に)~してあげてと言う」という意味で、主に動詞につきます。

아/어 주래요]は短いバージョンになるので会話でよく使います。

なお、敬語で「~して差し上げてと言う」と言いたい時は、[주다]を[드리다]に変えて、[아/어 드리라고 하다]とします。

活用方法は、ヘヨ体から[요]を取って、[주라고 하다]をつければOKです。

[보내다]「送る」は、ヘヨ体が[보내요]なので、 [보내 주라고 하다]「送ってあげてと言う」となります。

[있다]「いる」は、ヘヨ体が[있어요]となるので、[요]を取って [있어 주라고 하다]「いてあげてと言う」となります。

では、例文で確認してみましょう。

저희 어머니께서 아주머니께 전해 드리라고 하셨어요.
うちのお母さんが、おばさんに渡してあげてって言っていました。

ここで、[전하다]「伝える、渡す」のヘヨ体[전해요]から[요]を取って、尊敬語の[드리라고 하다]をつけて、[전해 드리라고 하다]「渡してあげてと言う」となります。

次の例文を見てみましょう。

아이가 사탕을 너무 갖고 싶어 하니까 내가 와이프한테 그냥 하나 사 주라고 했어요.
子供が飴をあまりにも欲しがるから、僕が妻にちょっと一つ買ってあげてって言いました。

本当に韓国のパパが言いそうなセリフですよね。

特に奥さんのことを最近の韓国男性は、ほとんど와이프、英語のwifeって言うんですよね。

この[사다]「買う」のヘヨ体は[사요]なので、ここから[요]を取って[주라고 하다]をつけて、[사 주라고 하다]「買ってあげてと言う」としています。

クイズ

では、簡単にクイズを通して理解を更に深めていきましょう。

カッコの中には何が入るでしょうか?

부장님께서 저보고 후배한테 직접 ( ).
部長が私に向って、後輩に直接教えてあげてっておっしゃってました。
가르쳐 주라고 하셨어요 (2)가르쳐야지

正解は一番です。

まず、ここで、저보고「わたしに」も見てみましょう。

これは、-보고が助詞の役割をしていて、「〜に、〜に向かって」という意味になります。

ですので、저보고は、「私に、私に向かって」という意味になります。

特に間接話法でよく使われる助詞になります。

보고が出てくる時点で中級っぽいですね!!

次に、「教える」は[가르치다]で、ヘヨ体は[가르쳐요]なので、[요]を取って[주라고 하다]をつけて、[가르쳐 주라고 하다]とすれば「教えてあげてって言う」になります。

ここで部長の言葉なので、敬語の[셨어요]がついて、[가르쳐 주라고 하셨어요]となります。

一緒に丸ごと読んでみましょう。

부장님께서 저보고 후배한테 직접 가르쳐 주라고 하셨어요.

次のクイズを見てみましょう。

그 짐은 혼자서는 들고 가기 힘들지 않아요? 누구보고 같이( )?
あの荷物を一人で持っていくのは大変じゃないですか?誰か一緒に持ってあげてって言いましょうか?
(1)들어 주래요? (2)들어 주라고 할까요?

正解は、2番になります。

ここで、「(荷物などを)持つ、かかえる」は[들다]です。

[들다]のヘヨ体[들어요]から[요]を取って[주라고 하다]をつけると、[들어 주라고 하다]「持ってあげてと言う」になります。

ここでは、「言いましょうか」としたいので、[들어 주라고 할까요]みたいにすればOKです。

では一緒に元気よく読んでみましょう。

그 짐은 혼자서는 들고 가기 힘들지 않아요? 누구보고 같이(들어 주라고 할까요)?

はい!それでは、次の文法も見ていきましょう。

(ㄴ/는)다면서요?

[(ㄴ/는)다면서요?]は、「~するんですって?」、「~するそうじゃないですか」と既に知っていたり聞いたりしたことを再確認する時に使います。

まぁ、韓国ドラマとかで、近所のおばちゃんがうわさ話を聞いたりして、主人公に確認するシーンでは、必ず使う文法です。

ぜひ覚えておいてください!

ここで、注目!この表現は常に疑問文で使われるので、ハテナマークが必ず付きます。忘れないでくださいね!

活用方法は、形容詞、動詞、名詞、過去形の4つです。

今回は久しぶりの本格講座になりますので、省かずおさらいも兼ねて一緒に連体形の作り方を見てみましょう。

まず、一番簡単な形容詞から見てみます。

形容詞は、基本形に[다면서요]をつけるだけなのでシンプルです。シンプルが一番ですよね。

[아프다]「痛い」に[면서요]をつけて、[아프다면서요?]「痛いんですって?」となります。

[없다]「ない」も [면서요]をつけて、[없다면서요?]「ないんですって?」となります。

2番目に、動詞です。動詞は、パッチムがある場合は[는다면서요]、パッチムがない場合は[ㄴ다면서요]をつけます。

[받다]「もらう」は、パッチムがあるので、 [받]に[는다면서요]をつけて、[받는다면서요]「もらうんですって?」、「もらうそうじゃないですか」となります。

[가다]は、パッチムがないので、[가]に[ㄴ다면서요?]をつけて、[간다면서요?]「行くんですって?」、「行くそうじゃないですか」となります。

3番目に、名詞と[아니다]の場合です。

名詞の場合、[(이)라면서요]となります。

パッチムのある[학생]の場合は[학생이라면서요?]「学生なんですって?」になるし、パッチムがない[언니]の場合は、 [언니라면서요?]「お姉さんなんですって?」となります。

ちなみに、[아니다]の場合は[아니라면서요?]「違うそうじゃないですか」とちょっと他とは違った形になるので、注意が必要です。

最後に過去形は、過去形の基本形にそのまま[면서요?]を付けます。

ですので、[읽다]「読む」の過去形は、[읽었다]「読んだ」になるので、[면서요?]をくっつけて、[읽었다면서요?]「読んだそうじゃないですか?」となります。

では、例文で確認してみましょう。

기말고사 때보다 성적이 더 올랐다면서요?
期末試験の時より成績がもっと上がったんですって?

ここでは、[올라다]「上がる」の過去形は올랐다になります。

[면서요]をつけて、[올랐다면서요]となります。

次の例文を見てみましょう。

내일은 아침 일찍 떠난다면서요?
明日は朝早く発つそうじゃないですか。

ここでは、[떠나다]「発つ」は、パッチムのない動詞なので、[ㄴ다면서요]をつけて、[떠난다면서요]となります。

クイズ

では、簡単にクイズを通して理解を更に深めていきましょう。カッコの中には何が入るでしょうか?

매운 음식은 잘 못 ( )?
辛い料理はあまり食べられないんですって?
(1)먹다면서요? (2) 먹는다면서요?

正解は2番になります。

ここでは、「食べる」は[먹다]で、パッチムがある動詞なので、[는다면서요]を使います。[먹는다면서요]とすればOKです。

じゃ、皆さんと一緒に読んでみましょう!

매운 음식은 잘 못 (먹는다면서요)?

じゃ、次のクイズに行きましょう!

그 사람 직장 ( )?
あの人、職場の同僚だそうじゃないですか。
(1)동료면서요? (2)동료라면서요?

正解は2番になります。

「同僚」は[동료]です。パッチムがない名詞なので、そのまま[라면서요]をつけて、[동료라면서요]とすれば正解です。

じゃ、皆さん、ハキハキした声で一緒に読んでみましょう!

그 사람 직장 ( 동료라면서요 )?

はい!お疲れ様でした。

宿題

それでは、素敵な宿題をプレゼントいたします。

今日習った文法を使って3文ほどコメント欄に書いてみましょう。

一文目は[아/어 달라고 하다「~してほしいと言う」]を使って、誰かが言っていた事を私に教えてください。

例えば、私だったら

엄마가 저보고 설겆이 해 달래요.
お母さんが私に皿を洗ってって言いました。

にすると思います。

二文目は[아/어 주라고 하다] 「~してあげてと言う」を使って、大好きな友達や家族がお願いしてきたことを私に教えてください。

例えば、

엄마가 나에게 동생 숙제를 도와 주라고 했어요.
母さんが私に弟の宿題を手伝ってあげてといいました

とかですね。

3文目は、[(ㄴ/는)다면서요?]は、「~するんですって?」で確認したいことを私に教えてください。

例えば、私だったら、皆さんに

중급 공부한다면서요?
中級の勉強するんですって?

と書くと思います。

宿題の2つ目は単語暗記です。

中級単語一覧表の1ページの1番から40番の単語40個を暗記してきてください。

このページの一番下でこの40単語の単語クイズができるようにしてありますので、40個の単語を覚えたらぜひ挑戦してみてください。

以上です。

今日も学習を一緒にできて心から嬉しく思っています。

皆さんの幸せ、成長、発展を心から応援しています。

그럼 오늘도 행복 가득, 웃음 가득한 하루 되세요! 한국어 화이팅, 화이팅, 화이팅!!

40問 単語クイズ

中級単語帳の1~40番までの単語の4択クイズが、ランダムに40問表示されます。
回答後に表示されるTwitterボタンで、結果をシェアしましょう!

★この記事が有料以上だと感じたら、トミを応援してみませんか★

トミを応援する

韓国語が学べるLINE登場!
トミの初級・中級の韓国語講座が、全てLINEで学べるようになりました!
友だち追加して、さっそく学習を始めましょう↓

友だち追加

分からないことは【学習サポート】で解決!
トミの韓国語講座で出されている宿題の添削を受けたり、分からなかったところを質問したい方は、ぜひ「学習サポート」をご活用ください!
中級韓国語講座
トリリンガルのトミ韓国語講座:無料で勉強したい初心者・独学者向け