【このサイトで学べること(初めての方へ)】>>

【韓国語会話】韓国の洋服屋さんでショッピングする時の定番フレーズ

今日も楽しく韓国語会話を勉強していきましょう。

今日の会話は、韓国旅行で市場で洋服選びをしていて、店員さんと話しているシーンです。

この記事を読めば、韓国で店員さんと韓国語で会話しながら、自分の気に入った服を選んで買うことができるようになります。

まず最初に、会話文を字幕なしで流します。どれくらい聞き取れるか集中して聞いてみてください。

その次に、単語と文法の解説をします。

次に、韓日の字幕付きで会話を再度流します。

それから会話練習に入ります。店員さんの声と、観光客の声が交互に流れるので、両方の立場になって会話練習してみましょう。

最後にその他の関連単語やフレーズ、服に関連した韓国文化を簡単にご紹介します。

では、市場に服を買いに行ったつもりで旅行客と店員の会話を見てみましょう。字幕なしでどこまで理解できますか?

시작!

スポンサーリンク

音声のみ会話

매장 직원; 어서 오세요. 손님. 뭐 찾으시는 거 있으세요?

손님; 여름에 시원한 예쁜 치마를 찾고 있어요.

직원; 그럼 이 하늘색 치마는 어떠세요? 요즘 일본 분들이 많이 사가세요.

손님;이것도 되게 예쁘네요.

직원; 그럼 이거 한 번 입어보세요.

손님; 이 사이즈가 잘 맞아요. 이걸로 주세요. 얼마예요?

직원; 2만원입니다.

고객; 알겠습니다. 카드로 계산할게요.

직원; 네

スポンサーリンク

解説

매장 직원; 어서 오세요. 손님. 뭐 찾으시는 거 있으세요?

[뭐 찾으시는 거 있으세요?]は「何かお探しの物はありますか?」という表現で、お客さんがフラーとお店に入っていくと、店員さんが声をかけてくるときに使う言葉です。他にも、[뭐 찾으세요?]「何を探されてます?」も使います。

お客様という単語に[손님]と、[고객님]という単語があります。[고객님]の方が、[손님]よりも、格式のある言い方です。デパートとか、カフェでは[고객님]をよりよく使い、市場、食堂などのローカルな場所では、[손님]をよく使います。

 

손님; 여름에 시원한 예쁜 치마를 찾고 있어요.

「夏に涼しい可愛いスカートを探しています。」と言っています。

ちょっとここで、季節が出たので、季節に関連する単語も学習してみたいと思います。

まずは、[봄]は「春」, [여름]は「夏」, [가을]は「秋」, [겨울]は「冬」です。

それと、韓国ではスカートのことはあまり[스커트]とは呼ばずに、固有語である[치마]をよく使います。丈の短いスカートだと、[짧은 치마], 長いスカートは[긴 치마]と呼びます。

 

직원; 그럼 이 하늘색 치마는 어떠세요? 요즘 일본 분들이 많이 사가세요.

[어떠세요?]は「いかがでしょうか?」と店員さんが良く言う言葉なので、ぜひ覚えてしまいましょう。

[일본 분들]というと「日本の方々」と日本人に尊敬語を付けています。他にも「日本人」という表現は[일본 사람]となります。

사가다は、「買っていく」という動詞で、[사다]の「買う」と、[가다]の「行く」が合成されてでいている動詞です。

하늘색というのは水色の事です。[하늘]は「空」という意味ですから、「空色」=「水色」になります。他にも、[분홍색], 「ピンク色」[빨간색]「赤色」, [파랑색] 「青色」, [검은 색] 「黒色」[하얀색]「白色」となります。これくらいは言えると自分の好きな色も表現できるようになります。

 

손님; 이것도 되게 예쁘네요.

[되게]は「かなり」という意味で、[너무], [아주]の同義語です。

語尾に、[네요]を付けると、「~ですね」みたいになり、フレンドリーな柔らかい印象を与えます。

[예쁘네요]「かわいいですね」の他にも、[멋있네요.]「かっこいいですね」, [맛있네요]「美味しいですね」, [재미있네요]「面白いですね」などと使うことができます。

 

직원; 그럼 이거 한 번 입어보세요.

「それならこれを一度、着てみてはいかがでしょうか。」と聞いています。

韓国では、一度、二度という表現は、[한 번][두 번][세 번]のように固有数字で表現します。

 

손님;이 사이즈가 잘 맞아요. 이걸로 주세요. 얼마예요?

[이걸로 주세요]は、「これにします」という意味で、[이걸로]は[이것으로]を短くした言葉です。会話ではよく使われます。他にも[저걸로]は「あれに」、[그걸로]は「それに」[어느걸로]は「どれに」となります。

 

직원; 2만원입니다.

손님;  알겠습니다. 카드로 계산할게요.

직원; 네

スポンサーリンク

韓日字幕付き音声

매장 직원; 어서 오세요. 손님. 뭐 찾으시는 거 있으세요?

いらっしゃいませ。お客様、何かお探しの物はございますか?

손님; 여름에 시원한 예쁜 치마를 찾고 있어요.

夏に涼しい可愛いスカートを探しています。

직원; 그럼 이 치마는 어떠세요? 요즘 일본분들이 많이 사가세요.

それなら、このスカートはいかがでしょう?最近日本の方々が沢山買っていかれますよ。

손님; 어, 이것도 되게 예쁘네요.

客:お~、これもかなり可愛いですね。

직원; 그럼 이거 한 번 입어보세요.

店員:それなら、これを一度来てみてください。

손님;이 사이즈가 잘 맞아요. 이걸로 주세요. 얼마예요?

客:このサイズが良く合います。これをください。いくらですか?

직원; 2만원입니다.

店員:2万ウォンです。

손님; 알겠습니다. 카드로 계산할게요.

分かりました。カードで払います。

직원; 네

職員:はい。

スポンサーリンク

会話練習

次に会話練習です。では、まずはお客さんになったつもりで、会話練習をしてみましょう。お店の人の音声に続いて、お客さんのセリフの文字だけが表示されますので、声に出して読んでみてください。

 

매장 직원; 어서 오세요. 손님. 뭐 찾으시는 거 있으세요?

손님; 여름에 시원한 예쁜 치마를 찾고 있어요.

직원; 그럼 이 하늘 색 치마는 어떠세요? 요즘 일본분들이 많이 사가세요.

손님; 어, 이것도 되게 예쁘네요.

직원; 그럼 이거 한 번 입어보세요.

손님; 이 사이즈가 잘 맞아요. 이걸로 주세요. 얼마예요?

직원; 2만원입니다.

고객; 알겠습니다. 카드로 계산할게요.

직원; 네

 

その次は、店員さんになったつもりで発音練習をしてみましょう。

 

매장 직원; 어서 오세요. 손님. 뭐 찾으시는 거 있으세요?

손님; 여름에 시원한 예쁜 치마를 찾고 있어요.

직원; 그럼 이 하늘 색 치마는 어떠세요? 요즘 일본분들이 많이 사가세요.

손님; 어, 이것도 되게 예쁘네요.

직원; 그럼 이거 한 번 입어보세요.

손님; 이 사이즈가 잘 맞아요. 이걸로 주세요. 얼마예요?

직원; 2만원입니다.

고객; 알겠습니다. 카드로 계산할게요.

직원; 네

スポンサーリンク

その他の単語、フレーズ、文化の紹介

いかがだったでしょうか?同じテンポで会話が成立するように、何度も何度も練習して、スピード感を体得していってください。

他にも韓国語で洋服を注文する際に、知っておくと良い単語がいくつかあります。

まずは、半そでから見てみましょう。

半そでは、[티셔츠]「Tシャツ」とも言いますし、[반팔]とも言います。[팔]というのは「腕」ですよね。これの半分という事で、日本人が「半そで」というような感じで、[반팔]と言います。

長袖は、[긴팔]となります。[길다]「長い」と[팔]「腕」が合体されてできています。

ズボンは[바지]といい、半ズボンの事は、[반바지]と言います。ジーパンは、青いズボンという意味で[청바지]と言います。この時の[청]が「青」という漢字語です。

下着は、[속옷]と言い、「中」という意味の[속]と、「服」という意味の[옷]が合わさって、できています。

文化面では、韓国の店員さんは接客にすごい積極的な印象を受けます。場所にもよりますが、市場などに行けば、しょっちゅう話しかけてくる気がします。それに [좀 다른데도 둘러보고 올게요. ]「ちょっと、違うところも回ってきますね。」とも言いづらくなるくらい、ここで決めさせる!って雰囲気もある気がします。それも日本の接客とはちょっと違うところですね。

そういった文化の違いも洋服を買う時に感じれたら良いですね。

 

以上です。

では、また次回お会いしましょう。

안녕!