【このサイトで学べること(初めての方へ)】>>

「会う」と言う意味の만나다と보다の違い

Tomi
Tomi

보고 싶은 여러분.

(会いたかったみなさん)

오늘도 볼 수 있게 돼서 진심으로 기뻐요!

(今日もお会いできてとてもうれしいです!)

 

皆さんこんにちは!

韓国語の初歩的な単語に보다というのがあります。

これは「見る」という意味で最初に学習すると思いますが、実は「会う」という意味でも使われます。

そこで疑問に思うのが、もう一つの「会う」という意味の単語である만나다との違いです。

ですので今回は、「会う」という意味での만나다보다の違いについてご説明したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

보고싶다と만나고 싶다の違い

 

まず最初に보고 싶다と만나고 싶다の違いについてです。

これは、意味はどちらも「会いたい」と訳すしかないのですが、もっと感情的な部分で違いがあります。

私の顔の表情から、その違いを感じ取っていただけたらと思います。

 

보고 싶다

 

만나고 싶다

 

つまり、보고 싶다の方がより感情的な意味が込められているのに対し、만나고 싶다はもっとフラットな表現になります。

보고 싶다には愛情だったり、愛している思いだったり、切実な思いだったり、大切にしている思いだったり、切ない思いなどが全て込められているのです。

ですから韓国で、子どもがお母さんに会いたいときに

 

엄마 만나고 싶어요!

 

とは絶対に言いません。

韓国ドラマなどを見てもよく出てきますが、そういうシーンでは子どもは必ず泣きながら、

 

엄마 보고 싶어요!

お母さん会いたいよ!

 

と言っています。

つまり、보고 싶다の方がお母さんに会いたいという切実な思いを伝えられる表現なわけです。

他にも例えば恋人同士で、

 

보고 싶은 당신

会いたいあなた

 

と言っているシーンも韓流ドラマではよく出てきます。

愛情や切ない思いが込められているわけです。

しかしここで、만나고 싶은 당신とは表現しません。

 

ですので、フラットな関係の中で人と会うときは만나고 싶다とか오늘 만나자(今日会おう)と言ったりします。

それに比べて、보고 싶다はより感情的な意味合いを込めた「会いたい」になります。

しかし、そんなに感情をこめないで오늘 보자(今日会おう)と言うこともできます。この場合は先ほどの오늘 만나자と同じ意味になります。

ぜひ使い分けてみてください。

 

오늘도 많이 공부가 되셨습니까?

今日もたくさん勉強になりましたか?

 

여러분 다음 시간에 뵐 때는 꼭 많이 공부해 오시고 저한테 여러가지 알려주세요^^

みなさん次にお会いするときは、いっぱい勉強してきて、私にいろいろ教えてくださいね^^

 

ではまたお会いしましょう!