【このサイトで学べること(初めての方へ)】>>

韓国語能力試験の試験前日・当日の過ごし方

Tomi
Tomi

明日はいよいよ韓国語能力試験の当日です。

韓国語能力試験を受験される方もたくさんいらっしゃるかと思います。

そこで、簡単に試験前日の過ごし方についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

早く寝る

試験前日でもっとも大切なことは寝る時間です。

普段夜型の方もいるかと思いますが、できるだけ夜10時には休むようにしましょう。

逆に、最後まで頑張りすぎて日をまたいでしまうようなことは絶対にしないでください。

もしやり残した部分があるのなら、朝やるようにしましょう。朝起きるのが苦手だと言う人もいますが、その場合はもうやり残した部分はあきらめましょう。

とにかく試験当日に脳みそがフル回転できるように準備することが最優先です。

試験の点数は、最終的には試験を受けているその瞬間の自分が覚えていることや、頭の回転スピードなどで決まります。

ですから、試験開始の瞬間をいかにベストコンディションで臨むかと言うことに、細心の注意を払うようにしましょう。

スポンサーリンク

持ち物準備・注意事項確認

次に、試験当日の持ち物の準備を早々と終えておきましょう。

<持ち物>
1.受験票
2.公的な写真付き身分証明書(パスポート、運転免許証、個人番号カードなど)
3.修正テープ(マークシート修正時に使用)
4.その他、上着や雨具、単語帳など持っていこうと思っているもの
※試験で使用するペンは当日配布されます。

なぜ持ち物の準備を早めに終わらせた方がいいのかと言うと、試験当日に少しでも気持ちがあせらないようにするためです。

そうでなくても緊張感から、当日はそわそわするものです。さらに持ち物が準備できていなかった、忘れ物をしたといったことが起こると、気持ちがパンクしてしまうこともあります。

そういったことにつながる要因を、あらかじめ除去しておくこともとても大切なんです。

それと、天気予報は一度はチェックして、雨具が必要かどうか確認しておきましょう。

また、韓国語能力試験の日本語サイトに載っている、試験の注意事項も一通り読んでおきましょう。

試験当日にも説明はあると思いますが、事前に知っておくことで心にゆとりが生まれます。5分くらいあれば読めますので、ぜひご確認ください。

 

スポンサーリンク

過去問を解く

また、試験前日はもし時間があれば過去問をもう一度解いてみましょう。その時は、試験当日に配布される予定のサインペンに近いペンを準備して、上記の修正テープ、そして本番で使うマークシートを準備し、本番さながらにトライしてみてください。

当日に配布されるサインペンは、先ほどの韓国語能力試験の日本語サイトに載っています。

本番で使うマークシートは韓国語能力試験の韓国語サイトからダウンロードできます。

もちろん、タイマーで時間も計ってやります。

この時使う過去問は、以前に解いたものでもかまいませんし、新しい物でも大丈夫です。ここで過去問を解く理由は、解ける解けないということもそうですが、本番の感覚を最後まで体に叩き込むことが大切だからです。

どんな試験や、またスポーツの試合でもそうですが、練習でできないことは本番でもできません。

ですから、常に本番のように練習し、練習のように本番を受けることが大切です。

ですから、試験前日ともなればもう何か新しい単語や文法を増やすようなことをするよりも、試験本番への調整に時間を使うようにしましょう。

ただし、これはあくまでも時間がある人だけです。夕方前くらいまでに過去問を解いて答え合わせまで終わりそうにない人は、あえてやる必要はありません。

スポンサーリンク

単語の確認チェックをする

試験前日はとにかくリラックスすることが大切なのですが、できれば単語の確認チェックはやっておきましょう。

試験の中でも単語の意味を知っているかどうかを問われる問題が必ず出ますし、単語を覚えると言うのは短期記憶的な要素が強いため、確認したらその場で覚えますが、時間が経てば経つほど段々と忘れてしまうと言う単純なものだからです。

単語チェックの方法は何でもいいと思います。普段使っている単語帳を使って確認してもいいですし、私のサイトの初級単語クイズに挑戦してもいいと思います。また、必ずしも1600単語全てに目を通すみたいなことまで頑張る必要もありません。

リラックスできる範囲内でチェックしていくことが大切です。

スポンサーリンク

試験当日の過ごし方

試験当日の過ごし方ですが、まず試験開始時間から逆算して考えます。

例えば10時に試験開始、9時半に入室完了であれば、9時前には試験会場に到着するようにしましょう。

そこから計算して、何時に家を出なくてはいけないか、何分の電車やバスに乗っていくのかなど、試験会場に行くまでの道のりを事前に全て確認しておきましょう。

ただし、例えば試験開始が午後だからと言って、昼くらいまで寝ていると言ったことはやめた方がいいです。そういうときも、普段と同じくらいの時間には起きて、いつも通りの食事をとり、いつも通りの生活リズムを保つようにしてください。家を出る前に改めて持ち物の確認はしておいてください。

試験会場に到着したら自分の座席などを早めに確認してください。それと、まずはトイレに行っておきましょう。あとは、試験開始直前まで単語帳や参考書を開いて、自分の記憶をチェックしつつ、試験開始のその時間を待ちましょう。

 

以上です。

今回は、韓国語能力試験の試験前日・当日の過ごし方についてご紹介しました。

もちろん他の試験にも通じる内容だったかと思います。

明日、受験予定の皆さんが持てる力の全てを出し尽くして、試験に臨まれることを、そして無事に合格されることをお祈りしています。

ファイティング!