【このサイトで学べること(初めての方へ)】>>

韓国語の合成母音!特徴・発音・使い分けを徹底解説!

Tomi
Tomi

合成母音を徹底解説します!

↑動画内では実際の発音の確認ができます。

 

今日は前回の発音講座の続きで、合成母音についてお話します。

前回同様、私のハングル表の準備をお願いします。今回は2ページ目を使います。

ハングル表に日本語表記対応表を追加しました(2019/7/10)

ハングル表(パッチム解説付き)

また、前回の平音・激音・濃音の内容をまだ見られていない方は、そちらも併せてご覧ください。

スポンサーリンク

合成母音とは

合成母音は、二重母音とか複合母音などと言われたりもしますが、すべて同じ意味になります。

合成母音は二つの母音が合わさって成り立っているという意味になります。韓国語の母音と言えば、아야어여오요우유으이でしたよね。この基本母音や他の合成母音で作られているのが合成母音なんです。

合成母音は全部で11文字あります。

애, 얘, 애, 예, 와, 왜, 외, 워, 웨, 위, 의です。

아야어여오요우유으이とか、가나다라마바사のように、覚えやすいリズムがありません。

ですので、合成母音を覚える良い方法は、まず、基本になる母音の部分を覚えてから、単語をどんどん読んでいく方がいいと思います。ではまず、合成母音の成り立ちと発音を一通り解説していきたいと思います。

애は ㅏ + ㅣ 「ア」と「イ」が合わさって「エ」 日本語の「え」です。
얘は ㅑ +  ㅣ 「ヤ」と「イ」が合わさって「イェ」
에は ㅓ +  ㅣ 「オ」と「イ」が合わさって「エ」 日本語の「え」と同じ発音
예は ㅕ +  ㅣ 「ヨ」と「イ」が合わさって「イェ」
와は ㅗ +  ㅏ 「オ」と「ア」が合わさって「ワ」 日本語の「わ」と同じ発音
왜は ㅗ +  ㅐ 「オ」と「エ」が合わさって「ウェ」
외は ㅗ +  ㅣ 「オ」と「イ」が合わさって「ウェ」
워は ㅜ +  ㅓ 「ウ」と「オ」が合わさって「ウォ」
웨は ㅜ +  ㅔ 「ウ」と「エ」が合わさって「ウェ」
위は ㅜ +  ㅣ 「ウ」と「イ」が合わさって「ウィ」
의は ㅡ +  ㅣ 「ウ」と「イ」が合わさって「ウィ」唇を少し横に引いて発音

 

気づいた方も多いと思いますが、ここでは同じ発音が何個もあります。

まず、애, 에は同じ発音、얘、예も同じ発音、왜、웨、외も同じ発音となっています。

このハングル表では、얘[yae], 예[ye]とか、애[ae], 에[e]などはローマ字の発音が違う表記になっているのですが、実際には韓国人は同じ音で発音しています。ですので、ここではカタカナ表記を見た方が理解しやすいと思います。

これは私の体験談ですが、私は通訳大学院で、韓国語と英語の通訳を専攻しました。そこでは、生徒や、先生からかなり発音に関して、涙が出るくらい指摘を受けるんです。でも、「合成母音の発音が間違っている」と指摘されたことが一度もなかったんです。

ですので、大学院の期間も含めて10年韓国にいても指摘されたことがなかったことを踏まえても、たいていの韓国人はこの発音の違いを区別していないと言えます。

ここで日本人がよく疑問に思うのが「なぜ、同じ発音がいくつもあるのですか?」という点ですね。

これは、生徒さんから必ず受ける質問です。

私はどう答えるかというと日本語にも「づ」と「ず」がありますよね。つの点々とすのてんてんです。これも同じ発音だけど、単語ごとに日本人はちゃんと使い分けています。「つづく」は「つずく」と同じ発音だけど、すの濁音では書きません。

「ずばり」も「づばり」とは書きません。それと全く同じ原理で韓国人も、同じ発音でも単語ごとにちゃんと使い分けているのです。ただ韓国語には日本語より同じ発音をする文字が多いだけなんです。

同じ発音をする単語が多いので、韓国人もたまにこんがらがって、実は友達とか先生にスペルを確認することが良くあります。例えば、세뱃돈(お年玉)という単語があったとして、その「セ」が「세」なのか、「새」なのか分からない時にネイティブは

세뱃돈 할 때 세는 아이야? 어이야? と聞いてきます。その答えに、

어이야. と答えてきたら、ㅓ+ㅣのスペルだという意味です。

日本語でも、「一つずつ」とかの書き方が分からない時に、それは「すに点々ですか?それとも、つに点々ですか?」と聞くのと同じです。

スポンサーリンク

合成母音の特徴

ではここからは、それぞれの合成母音の中で、知っておくとためになるポイントをご紹介したいと思います。

まずです。これはの合成でできているとお伝えしましたが、実はの短縮形としても使えるんです。例えば、こどもは韓国語で아이と言いますが、と言っても問題ありません。

次にです。これはの合成でできているとお伝えしましたが、これも実はの短縮形としても使えるんです。例えば、話は韓国語で이야기と言いますが、얘기と言っても問題ありません。

次にです。日本語の母音の「あいうえお」の中で唯一、韓国語の基本母音に含まれていなかったのがこの「え」の発音でした。ちなみに日本語の「えの段」の文字を韓国語にするときは必ずこのを使います。例えば「えひめ」は韓国語では「에히메」と書きます。

つまり、外来語にこの字を使うことが多いんです。例えば、韓国の有名な検索エンジンといえば、네이버ですが、この時もをつかい、を使うのはおかしいです。

次にです。このは単語の頭に来るときは「イェ」と発音しますが、単語の途中に来るときは「エ」と発音します。例えば、予約は韓国語で예약といいますが、芸能人は韓国語では연예인「ヨネイン」と発音します。

次にです。が合わさって、ワとなっているのですが、ほとんどと同じ発音になることが多いです。例えば、お菓子の과자はほとんどカジャで通じますし、見ましたの봤어요はパッソヨで通じます。

次にです。これはが合わさってできているのですが、ほとんどと同じ発音になることが多いです。「~してもいい?」という意味で、語尾に돼요?とつけるのですが、これはテヨでも通じます。

次にです。よくこの文字をウィと間違って発音する方がいますが、正しくはウェです。が合わさってなぜウェなのか?とツッコミたくなりますが、とにかくこの文字はウェですので気を付けてください。

次はです。これは、が合わさってできていますが、ほとんどと同じ発音になることが多いです。例えば、1万ウォンの만 원はマノンですし、これ何ですかは이것 뭐예요?でイゴモエヨと発音します。

次にですが、これはあまり使うことのない文字で웨딩(ウェディング)や궤도(軌道)くらいを覚えておけば良いと思います。

次にです。これは、が合わさってできていますが、ほとんどと同じ発音になることが多いです。例えば、かわいいは귀엽다[기엽다」ですし、1位は일위「이리」で通じます。

最後にです。この文字が合成母音の中で最も注意しなくてはいけないのですが、なんとこの文字は発音が三つあるんです。一つ目はウィ、二つ目はイ、三つめはエです。

まず、単語の頭にが使われるとウイになります。医者の의사や意味の의미などがそうです。

次に、単語の途中にが使われるとになります。コンビニの편의점[펴니점]や、ほとんどの거의[거이]、獣医師の수의사 [수이사]などがそうです。

そして、助詞の「の」の意味で使われるときは、になります。友達のお母さんは친구의 어머니でチングオモニと発音します。

また、合成母音は同じ発音が多いと言う話をしましたが、このと、先ほど出てきたは発音が明確に違います。は口を丸くしてウィと発音しますが、このは口を横に開いてウィとなりますので注意してください。

スポンサーリンク

母音の種類

ここで、ちょっとした豆知識です。実は合成母音が作られるのには一定のルールがあるんです。

韓国語の母音は、大きく3つのグループに分かれています。一つは陽性母音아야오요がそれに当たります。次に陰性母音어여우유으がそれに当たります。最後に中性母音となります。

そして、合成母音を作るときは、陽性母音同士か陰性母音同士を組み合わせて作ることになっています。ちなみに中性母音はどちらにも組み合わせることができます。ですから、오ㅓとか우ㅏと言った合成母音は存在しません。

なぜここで3種類の母音の話をしたのかといいますと、これらの3つのグループ分けは、これから韓国語の文法を学ぶ上で、知っておくと大変便利だからです。ですので、陽性母音、陰性母音、中性母音について簡単に触れてみました。

以上です!

ではまた次回お会いしましょう。あんにょん。