【このサイトで学べること(初めての方へ)】>>

韓国語の読み方と発音練習パーフェクトガイド![平音・激音・濃音]

Tomi
Tomi

자다、차다、짜다 ちゃんと区別して発音できますか?

今日は韓国語の読み方と発音に関してしっかり、みっちり、私の経験と知識をすべてまとめてご紹介したいと思います。

まず、韓国語の発音には、大きく分けて平音、激音、濃音があり、さらに合成母音とパッチムの5つのステップがあります。今回はその中で平音、激音、濃音について解説します。

今回の動画では、準備するものが2つあります。1つ目は私が作成したハングル表です。

ハングル表に日本語表記対応表を追加しました(2019/7/10)

ハングル表(パッチム解説付き)

この表は全部で3ページあり、平音、激音、濃音、さらには合成母音とパッチムまで網羅されています。また、カタカナとローマ字で発音を表記していますので、発音の確認にも使うことができます。

もう一つはティッシュ1枚です。激音の練習の時に使います。

 

スポンサーリンク

ステップ1:平音

ではまずステップ1、平音です。これさえ分かってしまえば、韓国語の読み方は8割くらいマスターしたと言っても過言ではありません。

平音は基本母音と基本子音から成り立っています。

ここで用語を簡単に説明すると、母音というのは、全ての音の根源になるもので、日本語では「あいうえお」の5個、韓国語では、「아야어여오요우유으이」の10個になります。ハングル表の1ページ目を見ていただくと、一番上の横軸の青い部分が母音になります。

次に子音ですが、日本語は基本的に母音とセットで発音されるため、あまり子音という概念がないのですが、たとえば「さ」という言葉はローマ字では「sa」になりますが、このsが子音ということになります。ここでは「あかさたなはまやらわ」だと思ってください。韓国語の子音はハングル表の縦軸の橙色の部分で、「가나다라마바사아자차카타파하」の全部で14個あります。

この母音の部分については、以前作った「3分で韓国語の母音が発音できるようになる動画」で、口の形なども含めて説明していますので、一度ご覧ください。

簡単におさらいすると、

아야は日本語の「あや」と同じです。

어여は顎を落として発音します。

오요は口を丸くして発音します。

우유も오요と同じく口を丸めて発音します。

으이は口を横に開き発音します。

で、今回はその続きと言うことで、まずは平音の子音について説明したいと思います。

まず、私のハングル表の1ページ目を見ていただけるでしょうか?これは日本語で言うあいうえお表なのですが、日本語が50音なのに対し、ここには140音ありますよ。

実は日本語に比べて、韓国語の方が母音の数も子音の数も多いんです。さらに、濃音や合成母音、パッチムなど全て組み合わせると数千もの文字が存在します。こう聞くとちょっと難しいかなと思っちゃいますよね。しかし、大丈夫です!みなさんが覚えなくてはいけない文字数は、なんとたったの24個だけなんです!

さきほどのハングル表をもう一度見てください。青い母音の横軸とオレンジの子音の縦軸がありますが、実は表の中の文字は全て、この母音と子音の組み合わせだけで成り立っているんです。例えばㅁはmの発音です。また、母音のㅏはaの発音です。ですから마はmaの発音になります。

このようにハングルの構造はローマ字にすべて置き換えられるんです。では例えばナミさんという人の名前を韓国語で表現するとどうなるでしょうか?ローマ字では「な」はna、「み」はmiですよね。韓国語でnはㄴ、aはㅏ、mはㅁ、iはㅣですから、나미となります。

つまり、この140字のハングル表は、母音10音×子音14音の機械的な組み合わせでできているわけです。そして、濃音や合成母音、パッチムもすべて、これら24個の文字を組み合わせて作られていますので、韓国語の文字数が何千個あろうとも、母音10個、子音14個の合計24個の文字の読み方を覚えているだけでほとんど読めちゃえるんです!

24個と言ったら英語のアルファベットよりも少ないですし、日本の常用漢字の100分の1くらいの数です。ですから、韓国語を読むのって、実は超簡単なんです!

では子音の発音を具体的に練習していきましょう。ハングル表の1ページ目を見てください。まず説明があるのですが、この橙色の子音の列の中に、発音が2種類書いてある文字がありますよね。ㄱはkとg、ㄷはtとd、ㅂはpとb、ㅈはchとjです。

これは単語の始めにこの文字が来たときは左側の発音、単語の途中にこの文字が来たら右側の発音を使うと言う意味です。ですから例えば、夫婦を表す부부はププではなくプブと読みますし、お父さんを表す아버지はアポチではなくアボジと発音します。今回の発音練習では基本的に左側の発音でおこないます。また、ㅇのところには「無音」と書いてありますが、要は母音の発音と言うことです。

それと、下の右の方に激音と書かれていて、4つの文字の行が緑に塗られていますが、この4つが後で学ぶ激音になります。ですので、まずはこの4つを除いた10個の子音の発音練習をしていきましょう。

基本的には日本語のアカサタナと同じ発音なので、難なくできます。

では、ハングル表の上から順に、左から右に読んでいきましょう。

가갸거겨고교구규그기

나냐너녀노뇨누뉴느니

다댜더뎌도됴두듀드디

라랴러려로료루류르리

마먀머며모묘무뮤므미

바뱌버벼보뵤부뷰브비

사샤서셔소쇼수슈스시

아야어여오요우유으이

자쟈저져조죠주쥬즈지

하햐허혀호효후휴흐히

はい。以上が基本母音と基本子音です。

 

スポンサーリンク

ステップ2:激音

次はステップ2、激音です。激音は、この後で学ぶ濃音とともに、韓国語を長く学んだ人でも正しく発音するのが難しい文字です。しかし、韓国人はこの違いをちゃんと聞き分けているので、これができないと韓国語が通じません。ですからしっかり練習しましょう。

激音は全部で4種類、차카타파です。ハングル表1ページ目のカタカナやローマ字の表記では、차は자と同じchaでチャ、 카は가と同じkaでカ、타は다と同じtaでタ、파は바と同じpaでパとなっていますが、実際には違う発音です。ローマ字とか、カタカナでは表現できないので、同じにしています。

ちなみに、激音は平音のㄱ,ㄷ,ㅂ,ㅈと違い、発音は一つしかありません。ですので、文字の最初に来ても途中から来てもいつもこの発音になります。例えば、호주はホジュと発音しますが、고추はコチュと発音し、コジュとはなりません。

ちなみにこの表記を覚える方法は非常に簡単で、ㄱに棒を一本真ん中にひくとㅋ、ㄷに棒を一本真ん中にひくとㅌ、ㅈに点を頭につけてあげるとㅊ、ㅂは上の上の二つの突き出ている棒を下ろして、横に棒を引くとㅍになります。

激音は「激しい音」と書くように、音楽で言うとスタッカートのような物で、パンとはじける音がします。

ここで、激音を出せているかどうかをチェックする簡単な方法があります。それがティッシュチェック法です。一枚のティッシュを顔の前5㎝の辺りに持って、このティッシュが口から出る強い空気でパンパンはじけたら激音、少ししか動かなかったら平音となります。

※ティッシュがどれくらい動くかは、この記事の一番上にある動画でご確認ください。

카타파차

次に平音の가다바자もやってみましょう。

가다바자

これ、やってみるとちょっと恥ずかしかったりするんですが、発音を改善するうえでは効果てきめんです。ぜひ何度も練習してみてください。

では激音も左から右に読んでいきたいと思います。

카캬커켜코쿄쿠큐크키

타탸터텨토툐투튜트티

파퍄퍼펴포표푸퓨프피

차챠처쳐초쵸추츄츠치

これで、激音まで終わりました。ではここで、ハングル表の1ページ目のㅏ行を、今度は縦に上から下へ読んでいきたいと思います。これが日本語の「アカサタナハマヤラワ」に値します。

가나다라마바사아자차카타파하

はい。このように、このハングル表を縦から横から何度も音読して、その文字を見た瞬間に頭の中にその音がこだますまで練習しましょう。

 

スポンサーリンク

ステップ3:濃音

次はステップ3、濃音です。ハングル表の3ページ目の濃音(基本母音)を見てください。濃音は全部で5種類、까,따, 빠, 싸, 짜です。濃音の字は平音の字が2つ組み合わさってできています。濃音は「濃い音」と書きますが、鼻と喉のあたりにある空気をバイブレーションさせて、響く音を出していきます。最初に小さい「っ」があると思って発音していくといいです。激音のように空気を強く吐き出すのではなく、息をつまらせる感じです。ですから、濃音では激音と違って、ティッシュチェックをしてもティッシュは動きません。

まずは、[까]の発音からです。まず日本語で「ハッカ」と言ってみましょう。

ハッカといった時のカの発音は[까]になります。では皆さん一緒にやってみましょう。

까꺄꺼껴꼬꾜꾸뀨끄끼

カラスの鳴き声見たいですよね。

次は[따]の発音です。日本語の「うった」という発音を、息を出すのではなく、息を詰まらせる感じで言ってみましょう。

따땨떠뗘또뚀뚜뜌뜨띠

次は빠の発音になります。これは日本語の「いっぱい」の「ぱ」と同じ発音です。いっぱいのパの発音を意識していってみましょう。

빠뺘뻐뼈뽀뾰뿌쀼쁘삐

次の싸の発音は「きっさ」の「さ」の発音と似ています。

싸쌰써쎠쏘쑈쑤쓔쓰씨

짜の発音は日本語の「まっちゃ」に似ています。その「ちゃ」を意識して発音してみましょう。

짜쨔쩌쪄쪼쬬쭈쮸쯔찌

ではまとめとして、平音と激音と濃音の違いをティッシュを使って実演してみましょう。

平音の時は、ティッシュがちょっと揺れて、激音の時はポーンとはねないといけません。濃音の時はティッシュは全く動いてはいけません。これがちゃんとできていたら、発音ができている証拠です!

※ティッシュがどれくらい動くかは、この記事の一番上にある動画でご確認ください。

가 카 까

다 타 따

바 파 빠

사 싸

자 차 짜

では実際の単語を使って、発音の違いを確認しましょう。

※実際の発音の違いは、この記事の一番上にある動画でご確認ください。

아파 痛い

아빠 パパ

비자 ビザ

피자 ピザ

자다 寝る

차다 冷たい

짜다 しょっぱい

달  月

탈  お面

딸 娘

상 賞

쌍 ペア

크다 大きい

끄다 (電気など)消す

키가 크다 背が高い

끼가 있다 才能がある

となります。

あとは発音の違いを意識して、このハングル表を使って20回くらい音読を繰り返して、体で発音を覚えてしまいましょう。

そのあとぜひおすすめしたいのが、さきほどのように実際の単語で発音をチェックしていく方法です。どうやるかといいますと、私の初級単語のリストを見て、そこに載っている単語の発音を予測してみてください。

初級1671語単語帳

そしてその発音と実際の発音が合っているかどうかを、動画を見て確認するという方法です。

 

単語は1番から順に発音を確認してもいいですし、自分が確認したい単語を適当に選んでやっても良いと思います。

では、また次の時間にお会いしましょう。하트하트 빠이~~^^