トミの韓国語講座が、LINEで全部学べます!登録はこちら>>

【中級韓国語講座 第21回】-(으)려던 참이다、-(으)려면、-(으)로 인해(서)

안녕하세요. 토미입니다.

今日習う文法は、[-(으)려던 참이다]「〜しようとしていたところだ」、[-(으)려면]「〜しようと思ったら」、[-(으)로 인해(서)]「〜によって」の3つになります。

今日の文法を習えば、

토미 씨,뭐해요?
トミさん、何してるの?
한국드라마를 보려던 참이었어요.
韓国ドラマを見ようとするとこでした。

のように「なになにする寸前だったよ」と、この寸前の動作まで伝えれるようになります。

그럼 시작할게요!

–(으)려던 참이다

[-(으)려던 참이다]は、動詞につき、「〜しようとしていたところだ」という意味です。
ある行動をしようとしていた状況を伝える時に使います。

この[-(으)려던]の[-던]は未完了を意味する表現になります。

この文法についてはまた以降の講座で詳しく説明していきますね。

この[-(으)려던 참이다]は、[그렇지 않아도]、[안 그래도] 「そうじゃなくても」[막]「ちょうど」と一緒に使われることが多い文法になります。

活用方法は、パッチムがなければ[-려던 참이다]、パッチムがあれば[-으려던 참이다]をつけます。

この[참]って書いてあると、初級者だったころは、[참]=真(まこと)、本当などで覚えていたから、「え?何がまことだったの?」「何が本当だったの?」とかなり意味不明な解釈をして頭を悩ませていた頃を思い出します。

では、例文で確認してみましょう。

그렇지 않아도 지금 막 전화하려던 참이었어요.
そうじゃなくても今ちょうど電話しようと思っていたところでした。

ここで、[전화하다]「電話する」はパッチムのない動詞なので、[-려던 참이다]がついて、[전화하려던 참이다]「電話しようと思っていたところだ」となっています。

この例文では、[그렇지 않아도]「そうじゃなくても」とか、[막]「ちょうど」が入っていて何かをする寸前だったということをよく表現できていますよね。

次の例文を見てみましょう。

ㄱ: 왜 거기 서 있어요?  앉으세요.
どうしてそこに立っているんですか?座ってください。

ㄴ: 안 그래도 앉으려던 참이었어요.
そうじゃなくても座ろうとしていたところでした。

ここで、[앉다]「座る」はパッチムのある動詞なので、[-으려던 참이다]がついて、[앉으려던 참이다]「座ろうとしていたところだ」となっています。

次の例文を見てみましょう。

저도 나가려던 참이었는데 잘 됐네요.
私も出ようとしていたところだったので、ちょうどよかったです。

ここで、[나가다]「出る」はパッチムのない動詞なので、[-려던 참이다]がついて、[나가려던 참이다]「出ようとしていたところだ」となっています。

クイズ

1. 지금 막 (   ).
今ちょうど出発しようとしていたところでした。

(1)출발하려던 참이었어요. (2)출발하던 참이었어요.

正解は(1)です。
ここで、[출발하다]「出発する」はパッチムのない動詞です。
なので、[-으려던 참이었어요]をつけて、[출발하려던 참이었어요]となります。
2番のように、[출발하던 참이었어]요とは、使わず、常に[출발하려던 참이었어요].と文章が続きます。

지금 막 (출발하려던 참이었어요).

2. 아이들 간식을 (   ).
子供たちのおやつを作ろうとしていたところです。

(1)만들려던 참이에요. (2)만들었던 참이에요.

正解は(1)です。
[만들다]「作る」は、[ㄹ]パッチムがありますよね。
[ㄹ]パッチムの場合、[-려던 참이에요]をつけて、[만들려던 참이에요]とすれば正解です。
(2)のように[만들었던 참이에요].と過去形にしてしまうと、「やった」と完了形になり、「やる寸前だった」という表現にはなりませんので、注意しましょう。

아이들 간식을 (만들려던 참이에요).

-(으)려면

[-(으)려면]は、「〜しようと思ったら」「〜するなら」の意味を表し、動詞につきます。
[-(으)려면]は、[-(으)려고 하면]を縮めた形です。

後ろに続く文章には[-아/어/여야 하다]「何々しなければならない」や命令文が続くと自然です。

[-(으)려면]は動詞につき、パッチムがなければ[-려면]、パッチムがあれば[-으려면]をつけます。

では、例文で確認してみましょう。

서울역으로 가는 버스를 타려면 어디로 가야 돼요?
ソウル駅に行くバスに乗ろうと思ったらどこへ行けばいいですか?

ここで、[타다]「乗る」はパッチムのない動詞なので、[-려면]がついて、[타려면]「乗ろうと思ったら」となっています。

次の例文を見てみましょう。

예쁜 야경 사진을 찍으려면 한강으로 가세요.
キレイな夜景の写真を撮るには漢江に行ってください。

ここで、[찍다]「撮る」はパッチムのある動詞なので、[-으려면]がついて、[찍으려면]「撮りたければ」となっています。

次の例文を見てみましょう。

한국에서 살려면 한국어 공부를 열심히 해야 돼요.
韓国で住もうと思うなら韓国語の勉強を一生懸命しなければなりません。

[살다]「住む」は[ㄹ]パッチムがついている動詞なので、[-려면]がついて、[살려면]「住もうと思うなら」となります。

クイズ

1. 책을 ( ) 도서관에 가세요.
本を借りたければ図書館に行ってください。

(1)빌리면 (2)빌리려면

正解は(2)です。

[빌리다] 「借りる」はパッチムのない動詞なので、[-려면]をつけて、[빌리려면]「借りたければ」とすれば正解です。
(1)のように[빌리면]にすると、「借りると」になるので、「〜したいのであれば」というニュアンスにはならないんですよね。

책을 (빌리려면) 도서관에 가세요.

2. 라면을 맛있게 ( ) 어떻게 해야 돼요?
ラーメンを美味しく作ろうと思ったらどうすればいいですか?

(1)끊으려면 (2)끓이려면

正解は(2)です。
[라면을 끓이다]は「ラーメンを煮る」、つまり日本語では、「ラーメンを作る」という意味です。
[끓이다]はパッチムのない動詞なので、[-려면]をつけて、[끓이려면]とすれば正解です。
(1)の[끊다]は、惜しいですよね。
この[끊다]は、「ちぎる、切る」という別の意味になるので、間違いです。

라면을 맛있게 (끓이려면) 어떻게 해야 돼요?

-(으)로 인해(서)

[-(으)로 인해(서)]は、「〜によって」の意味になります。
[인해서]は、[인하다(因하다)] という単語から来ていて、漢字では原因の因を使っています。

この文法は名詞について、ある状況や事に対する原因や理由を表し、一般的な会話よりはニュースや新聞、論文などで使われ、硬い表現になります。

一般的な会話では、[-(으)로]「〜で」だけだったり、[때문에] 「〜によって、〜のせいで」が多いですね。

[-(으)로 인해(서)]は名詞について、パッチムがない時は[-로 인해(서)]、パッチムがある時は[-으로 인해(서)]をつけます。

この[-(으)로 인해(서)]は、「〜によって」と使ってもいいですし、[-(으)로 인한]「何々による」といった使い方もできます。

例文で確認してみましょう。

홍수로 인해서 피해를 입었어요.
洪水によって被害を受けました。

ここで、[홍수]「洪水」はパッチムのない名詞なので、[-로 인해서]をつけて、[홍수로 인해서]「洪水によって」となっています。

次の例文を見てみましょう。

이번 사태로 인해 많은 사람들이 직장을 잃었다.
今回の事態によって多くの人が職場を失った。

ここで、[사태]「事態」はパッチムのない名詞なので、[-로 인해서]をつけて、[사태로 인해서]「事態によって」となっています。

次の例文を見てみましょう。

개인적인 사정으로 인해 잠시 쉬겠습니다.
個人的な都合によりしばらくお休みをいただきます。

ここで、[사정]「都合」はパッチムのある名詞なので、[-으로 인해서]をつけて、[사정으로 인해서]「都合により」となっています。

クイズ

1. 그 ( ) 모든 사실이 밝혀졌다.
その記者会見ゆえにすべての事実が明かになった。

(1)기자회견으로 인해서 (2)기자회견과 함께

正解は(1)です。
[기자회견]「記者会見」はパッチムのある名詞なので、[-으로 인해서]をつけて、[기자회견으로 인해서]とすれば正解です。
(2)の[기자회견과 함께]「記者会見と共に」は、原因を表す表現にならないので、間違いです。

그 (기자회견으로 인해서) 모든 사실이 밝혀졌다.

2. 강한 ( ) 가로수가 쓰러졌습니다.
強い風によって街路樹(がいろじゅ)が倒れました。

(1)바람으로 인해  (2)바람 덕분에

正解は(1)です。
[바람]「風」はパッチムのある名詞なので、[-으로 인해서]をつけて、[바람으로 인해서]とすれば正解です。
(2)番の[바람 덕분에] は、「風のおかげで」になります。
基本的に[덕분에] は、「おかげさまで助かりました!」のようなときに使う肯定的な単語なので、こうゆう「何々の原因で」という時には使わないんですよね。

강한 (바람으로 인해) 가로수가 쓰러졌습니다.

宿題

今日の文法を使ったアルバートアインシュタインさんの名言をお伝えします。

인생은 자전거를 타는 것과 같습니다. 균형을 잡으려면 계속 움직여야 합니다.
人生とは自転車を乗るのと同じです。バランスを取ろうと思ったら、常に動かなくてはいけません。

今日習った文法は、[잡으려면]取ろうと思ったらになります。

宿題は2つあります。
まずは今回習った文法を使って、3文ほど作文しましょう。

1. [-(으)려던 참이다]を使って文を作ります。
《例》
마트에 가려던 참이에요.
スーパーに行こうとしていたところです。

2. [-(으)려면]を使って何々しようと思っていたことを教えてください。
《例》
한국어를 잘하려면 책을 소리내어 많이 읽어 보세요.
韓国語が上手くなりたければ本を声に出して沢山読んでみてくださいね。

3. [-(으)로 인해(서)]「〜によって」で文を作ってみましょう。
《例》
저는 스트레스로 인해 원형탈모가 생긴 적이 있습니다.
私はストレスによって円形脱毛症になったことがあります。


宿題の2つ目は単語暗記です。
中級単語一覧表の11ページの801番から840番までの単語40個を暗記してきてください。
このページの一番下で、この40単語の単語クイズができるようにしてありますので、40個の単語を覚えたらぜひ挑戦してみてください。

今日もお疲れさまでした。
皆さんとこうやって一緒に学習出来ているこの瞬間が私にとってはかけがえのない心から貴重な時間です。
そして、私は常に皆さんの夢を心から応援しています。
皆さんの無限の可能性を信じ続けている先生でありたいです。
그럼 오늘도 행복 가득, 웃음 가득한 하루 되세요! 한국어 화이팅, 화이팅, 화이팅!!

40問 単語クイズ

中級単語帳の801~840番までの単語の4択クイズが、ランダムに40問表示されます。
回答後に表示されるTwitterボタンで、結果をシェアしましょう!

★この記事が有料以上だと感じたら、トミを応援してみませんか★

トミを応援する

韓国語が学べるLINE登場!
トミの初級・中級の韓国語講座が、全てLINEで学べるようになりました!
友だち追加して、さっそく学習を始めましょう↓

友だち追加

中級韓国語講座
トリリンガルのトミ韓国語講座:単語・文法・勉強法