トミの韓国語講座が、LINEで全部学べます!登録はこちら>>

【中級韓国語講座 第12回】-는가(요)?、-는가 보다、-(으)ㄴ들

안녕하세요. 토미입니다.

今日習う文法は、一つ目、[-는가(요)?]「〜するんですか?」二つ目、[-는가 보다]「〜するようだ」、三つ目、[-(으)ㄴ들]「〜したとしても」を見ていきましょう。

今日の文法を学べば、時代劇の、
자넨 나이가 어떻게 되는가?
君は年齢はいくつなのか?
というような文章も理解できるようになります^^

これから時代劇や年配の方々の表現も聞き取れること間違いなしです!
そして、どんな表現も聞き取れるスーパー中級マスターになりましょう。

그럼 시작할게요!

-는가(요)?

一番目の文法、[-는가(요)?]は、「〜するんですか?」という意味で、相手に質問したり、自分に問いかける時に使います。

動詞には[-는가(요)?]、形容詞には[-(으)ㄴ가(요)?]、名詞には[-인가(요)?]がつきます。

必ずハテナマーク’?’が付くのも、この文法の特徴です。

[는가요]の[요]は、かっこ()になっていますが、[요]をつけない[반말]にすると、年配の方の口調になります。
時代劇とか年配の方は、[자네가 하는가?] 君がするのか?とかよく使いますが、若者が使う口調ではありません。
若者はむしろ、[名詞+인가요]をよく使う傾向があります。

活用方法を、[-는가(요)?]、[-(으)ㄴ가(요)?]、[-인가(요)?]に分けて見てみましょう。

まず、動詞につく[-는가(요)?]です。
これは、パッチムがあってもなくても[-는가(요)?]がつきます。
[가다]は[가는가요?]「行くんですか?」、[먹다]は[먹는가요]「食べるんですか?」となります。

次に、形容詞につく[-(으)ㄴ가(요)?]です。
これは、パッチムがなければ[-ㄴ가(요)?]、パッチムがあれば[-은가(요)?]がつきます。
[기쁘다]は、パッチムがないので、[-ㄴ가(요)?]がつき、[기쁜가요?]「嬉しいんですか?」となります。[좋다]は、パッチムがあるので、[-은가(요)?]がつき、[좋은가요?]「良いですか?」となります。

最後に、名詞につく[-인가(요)?]です。
これは、パッチムがあってもなくても[-인가(요)?]がつきます。
[아버지]は[아버지인가요?]「お父さんなんですか?」、[학생]は[학생인가요?]「学生なんですか?」となります。

では、例文で確認してみましょう。

회의가 몇 시에 시작되는가요?
会議は何時に始まるんですか?

ここで、[시작되다]は、動詞なので、[-는가요?]がついて、[시작되는가요?]「始まるんですか?」となっています。

次の例文を見てみましょう。

여긴 왜 이렇게 사람이 많은가?
ここは何でこんなに人が多いんじゃ?

ここで、[많다]は、パッチムのある形容詞なので、[-은가?]がついて、[많은가?]「多いんじゃ?」となっています。「多いんじゃ」でわかるように年配の方の口調になります。

次の例文を見てみましょう。

오늘이 누구 생일인가요?
今日は誰かの誕生日なんですか?

ここで、[생일]は、名詞なので、[-인가요?]がついて、[생일인가요?]「誕生日なんですか?」となっています。

クイズ

では、簡単にクイズを通して理解を更に深めていきましょう。カッコの中には何番が入るでしょうか?

오늘 부장님도 ( )?
今日、部長も来られるんですか?

(1)오신가요? (2)오시는가요?

正解は(2)です。

「来る」は[오다]で尊敬語は、[오시다]「来られる」になります。
これは、動詞なので、[-는가요?]をつけて、[오시는가요?]とすれば正解です。
(2)のように오신가요と動詞にㄴ가요をつけると間違えた表現になりますので、注意しましょう。
では、はきはきとした声で一緒に読んでみましょう。

오늘 부장님도 (오시는가요)?

では、次のクイズを見てみましょう!

지금 아드님은 ( )?
今、息子さんは何歳ですか?

(1) 몇 살이신가요 (2) 무슨 살이신가요

正解は(1)です。
「何歳」は、[몇 살]です。
これは、名詞なので、[-인가요?]をつけます。
でも、今回は尊敬語になるので、[인가요]ではなく、[이신가요]になります。
[몇 살이신가요?]とすれば正解です。
(2)のように、[무슨 살인가요]という表現はないので、注意しましょう。
では、はきはきとした声で一緒に読んでみましょう。

지금 아드님은 (몇 살이신가요)?

-는가 보다

2番目の文法、[-는가 보다]は、「〜するようだ」、「〜するみたいだ」という意味で、「ある状況から見た場合〜(の)ようだ」という推測を表します。

推測する時には、話し手の経験や知識を根拠として述べることが多いです。
ですので、前の文章には、[-는/(으)ㄴ 걸 보니까]「〜しているのを見ると」や[-아/어서]「〜ので」のように推測の根拠や結果の原因を伝える表現が来ることが多くあります。

動詞には[-는가 보다]、形容詞には[-(으)ㄴ가 보다]、名詞には[-인가 보다]がつきます。

まず、動詞につく[-는가 보다]は、パッチムがあってもなくても[-는가 보다]がつきます。
[가다]は[가는가 보다]「行くみたいだ」[먹다]は[먹는가 보다]「食べるようだ」となります。

次に、形容詞につく[-(으)ㄴ가 보다]は、パッチムがなければ[-ㄴ가 보다]パッチムがあれば[-은가 보다]がつきます。
[기쁘다]は、パッチムがないので、[-ㄴ가 보다]がつき、[기쁜가 보다]「嬉しいみたいだ」となります。
[좋다]は、パッチムがあるので、[-은가 보다]がつき、[좋은가 보다]「良いみたいだ」となります。

最後に、名詞につく[-인가 보다]は、パッチムがあってもなくても[-인가 보다]がつきます。
[아버지]は[아버지인가 보다]「お父さんのようだ」、[학생]は[학생인가 보다]「学生のようだ」となります。

では、例文で確認してみましょう。

사람들이 우산을 쓰는 걸 보니까 밖에 비가 오는가 봐.
人たちが傘さしてるのを見ると、外、雨が降ってるみたいね。

ここで、[오다]は、動詞なので、[-는가 보다]がついて、[오는가 보다]「降ってるみたいだ」となっています。

次の例文を見てみましょう。

제가 국에 소금을 너무 많이 넣어서 국이 좀 짠가 봐요.
私がスープに塩を入れ過ぎて、スープがちょっと塩辛いみたいですね。

ここで、[짜다]は、パッチムのない形容詞なので、[-ㄴ가 보다]がついて、[짠가 보다]「塩辛いみたいだ」となっています。

次の例文を見てみましょう。

보람이랑 얼굴이 똑같이 생긴 걸 보니까 동생인가 봐.
ポランちゃんと顔がそっくりなのを見ると、弟のようだよね。

ここで、[동생]は、名詞なので、[-인가 보다]がついて、[동생인가 보다]「弟のようだ」となっています。

クイズ

では、簡単にクイズを通して理解を更に深めていきましょう。カッコの中には何番が入るでしょうか?

오빠가 아직도 자는 걸 보니까 오늘 출근 ( ).
お兄ちゃんがまだ寝てるの見ると、今日出勤しないみたいね。

(1) 하는가 봐 (2) 안 하는가 봐.

正解は(2)です。
「しない」は、[안 하다]です。
これは、動詞なので、[-는가 보다]をつけて、[안 하는가 보다]とします。
これを[반말]などにすればいいので、[안 하는가 봐]とすれば正解です。
(1)は肯定文になっているので、日本語の意味と違っています。
では、はきはきとした声で一緒に読んでみましょう。

오빠가 아직도 자는 걸 보니까 오늘 출근 (안 하는가 봐).

では、次のクイズを見てみましょう!

어? 아무도 없네? 여기가 ( ).
あれ?誰もいないね。ここじゃないみたいですね。

(1) 맞는가 봐요 (2) 아닌가 봐요

正解は(2)です。
「〜ではない」は、[-이/가 아니다]です。
[아니다]は、パッチムのない形容詞なので、[-ㄴ가 보다]をつけて、[아닌가 보다]とします。
これをヘヨ体などにすればいいので、[아닌가 봐요]とすれば正解です。
(1)の[맞는가 봐요]は「合っているようですね」という日本語と違う意味になります。
では、はきはきとした声で一緒に読んでみましょう!

어? 아무도 없네? 여기가 (아닌가 봐요).

-(으)ㄴ들

最後の文法、[-(으)ㄴ들]は、「〜したとしても」、「〜したところで」という意味です。

ある状況を仮定するとしても、その結果が予想や期待とは異なるだろうと思う時に使う表現です。
「いくら〜してでも」の「いくら」に当たる[아무리]と共に用いられることが多くあります。

この[(으)ㄴ들]というのは年配の方々が使う印象があります。
最近の言葉では、[아무리 아/어도] や、[아무리 한다고 해도]「いくらやったとしても」になどに置き換えられることが多いです。

活用方法を、動詞・形容詞名詞に分けて見てみましょう。

まず、動詞と形容詞につく[-(으)ㄴ들]です。
これは、パッチムがなければ[-ㄴ들]、パッチムがあれば[-은들]がつきます。
[가다]は、パッチムがないので、[-ㄴ들]がついて、[간들]「行ったとしても」となります。
[먹다]は、パッチムがあるので、[-은들]がついて、[먹은들]「食べたとしても」となります。

次に、名詞につく[-인들]です。
これは、パッチムがあってもなくても[-인들]がつきます。
[아버지]は、[아버지인들]で、「父であっても」となります。
[학생]は、[학생인들]「学生であっても」となります。

では、例文で確認してみましょう。

이미 지나간 일인데 후회한들 무슨 소용이 있겠니.
既に過ぎたことなのに、後悔しても意味ないよ。

本当に韓国ドラマのおばちゃん役が使いそうな口調ですよね。
[후회하다]「後悔する」は、パッチムのない動詞なので、[-ㄴ들]がついて、[후회한들]「後悔しても」となっています。

次の例文を見てみましょう。

호텔이 아무리 좋은들 내 집만 못하죠.
ホテルがいくら良いといっても、自分の家には及びませんよ。

ここで、[좋다]は、パッチムのある形容詞なので、[-은들]がついて、[좋은들]「良いとしても」、「良いといっても」となっています。
それと、この내 집만 못하죠「私の家には及ばないですよ」って表現も抜群にいいですよね。
[名詞+만 못하다]で、「〜には及ばない」という表現になりますので、これも丸ごと覚えましょう。

次の例文を見てみましょう。

아무리 총명한 아이인들 아직 열 살짜리예요.
いくら聡明な子供だといっても、まだ十歳ですよ。

ここで、[아이]「子供」は、名詞なので、[-인들]がついて、[아이인들]「子供だとしても」、「子供だといっても」となっています。

クイズ

では、簡単にクイズを通して理解を更に深めていきましょう。カッコの中には何番が入るでしょうか?

아무리 열심히 ( ) 실천하지 않으면 아무 소용 없어.
いくら一生懸命学んだとしても、実践しなきゃ何の意味もないよ。

(1)한들 (2)배운들

正解は(2)です。

「学ぶ」は[배우다]で、パッチムのない動詞なので、[-ㄴ들]をつけて、[배운들]とすれば正解です。
(1)の한들は、「するとしても」になり、日本語とは違う意味になります。
では、ちょっとおばちゃんッぽく読んでみましょう!

아무리 열심히 (배운들) 실천하지 않으면 아무 소용 없어.

では、次のクイズを見てみましょう。

아무리 맛있는 음식이 ( ) 혼자 먹으면 즐겁지 않잖아.
いくら美味しい食べ物がたくさんあっても、一人で食べたら楽しくないじゃん。

(1) 많은들 (2) 많는들

正解は(1)です。

「たくさんある」つまり「多い」は[많다]です。
これは、パッチムのある形容詞なので、[-은들]をつけて、[많은들]とすれば正解です。
(2)のように、많다に는들をつけると間違った表現になるので、注意しましょう。
では、またこれも少し年配の人になったつもりで読んでみましょう。

아무리 맛있는 음식이 (많은들) 혼자 먹으면 즐겁지 않잖아.

宿題

宿題は2つあります。

まずは今日習った文法を使って文章を書いてみましょう。

1.[-는가(요)?]「〜するんですか?」を使って、私に質問を投げかけてみてください。
時代劇みたいに[반말]にしてもいいですよ。

【例】
여러분 중급 공부 열심히 하고 있는가?
皆さん、中級の勉強、熱心にやっちょるか?

2.[-는가 보다]「〜するようだ」を使って、「何かこうゆう風にやっているようだよ」と思ったことを私に教えてください。

【例】
공항에 카메라맨들이 이렇게 모인 걸 보니까 스타가 오는가 봐요.
空港にカメラマンがこんなに集まったのを見ると、スターが来るみたいですね。

3.[-(으)ㄴ들]「〜したとしても」を使って、自分のお母さんやおばあちゃんなど年配の方の口癖を教えてください。

【例】
돈이 아무리 많은들 행복을 살 수 있겠니?
お金がどんなに多くても幸福を買うことができるのかい?


宿題の2つ目は単語暗記です。

中級単語一覧表の6ページの441番노동자から480番늘리다までの単語40個を暗記してきてください。
こちらのページの一番下で40単語の単語クイズができるようにしてありますので、40個の単語を覚えたらぜひ挑戦してみてください。

以上です!お疲れ様でした。今日も皆さんと一緒に学習できて心から嬉しく思っています。皆さんの幸せ、成功、発展を心から応援しています。皆さんには必ず明るい未来が待っています!

그럼 오늘도 행복 가득, 웃음 가득한 하루 되세요! 한국어 화이팅, 화이팅, 화이팅!!

40問 単語クイズ

中級単語帳の441~480番までの単語の4択クイズが、ランダムに40問表示されます。
回答後に表示されるTwitterボタンで、結果をシェアしましょう!

★この記事が有料以上だと感じたら、トミを応援してみませんか★

トミを応援する

韓国語が学べるLINE登場!
トミの初級・中級の韓国語講座が、全てLINEで学べるようになりました!
友だち追加して、さっそく学習を始めましょう↓

友だち追加

中級韓国語講座
トリリンガルのトミ韓国語講座:単語・文法・勉強法