トミの韓国語講座が、LINEで全部学べます!登録はこちら>>

【中級韓国語講座 第24回】-게 하다、-고 나니(까)、-고 나면

안녕하세요. 토미입니다.

今日の文法は、-게 하다「〜させる」、-고 나니(까)「し終わったら」、-고 나면「〜し終わったとしたら」になります。

今日の文法を学べば、

목놓아 펑펑 울고 나니까 지금은 완전 후련해요!
声に出してボロボロ泣いたから、今は完全にスッキリしました!

のように「この経験を通して、このような結果になった」のような表現も伝えることができるようになっちゃいます!

그럼 시작할게요!

–게 하다

[-게 하다]は、「〜させる」、「〜するようにする」という意味で、動詞につきます。

ある行動を誰かにさせるときに使われます。

活用方法は、動詞や形容詞の語幹に[-게 하다]をつけるだけなので、シンプルです。

では、例文で誰が誰にどんな行動を促しているのか確認してみましょう。

선생님은 공책에 한글로 이름을 쓰게 했다.
先生はノートにハングルで名前を書かせた。

[쓰다]「書く」は動詞で、[-게 하다]がついて、[쓰게 하다]「書かせる」となっています。
先生が、学生に書かせているということなので「学生に」は省略されています。

次の例文を見てみましょう。

어머니가 아이에게 혼자서 신발을 신게 했다.
お母さんが子供に一人で靴を履くようにした。

ここで、[신다]「履く」は動詞で、[-게 하다]がついて、[신게 하다]「履くようにする」となっています。

次の例文を見てみましょう。

그 사람은 항상 저를 웃게 해요.
その人はいつも私を笑わせます。

[웃다]「笑う」は動詞で、[-게 하다]がついて、[웃게 하다]「笑わせる」となっています。

クイズ

( )の中には何番が入るでしょうか?

1. 회사에서는 서로를 영어 이름으로 ( ).
会社ではお互いを英語の名前で呼ばせた。

(1)부르게 했다 (2) 불러요

正解は(1)です。
[부르다]「呼ぶ」に[-게 했다]をつけて、[부르게 했다]「呼ばせた」とすれば正解です。

회사에서는 서로를 영어 이름으로 (부르게 했다).

2. 친구는 매번 나를 ( ).
友達は毎回私を待たせます。

(1)기다려요 (2)기다리게 해요

正解は(2)です。
[기다리다]「待つ」に[-게 해요]をつけて、[기다리게 해요]「待たせます」とすれば正解です。

친구는 매번 나를 (기다리게 해요).

-고 나니(까)

[-고 나니(까)]の元の単語は、[-고 나다]になり「〜し終わる」という意味があります。

この[-고 나다]は単体では使わないのですが、これを基準にして、今回の文法のように、[-고 나니(까)]「し終わったら」 [-고 나면]「し終わったとしたら」 などが作られていきます。

今回習う[-고 나니(까)]は、前の動作が終わった後に、結果、どうなったのか、どんな経験を得たのか、どんな気持ちになったのかなどを伝える時に使います。
語尾には、過去形が来るのも特徴です。

「~し終わったら」というのは、日本語ではそんなにしょっちゅう使う表現ではないので、訳は「〜すると」にしていきたいと思います。

[-고 나니(까)]の活用方法はシンプルです。
これは動詞につき、パッチムがあってもなくても[-고 나니(까)]をつけます。

では、ある動作をやった後に、どんな結果が待ち伏せていたのか、何を悟ったのか例文で確認して行きましょう。

다 말하고 나니까 마음이 편해졌어요.
全部話したら、気持ちが楽になりました。

ここでは、「全て話した」という動作の後に、「気持ちが楽になった」という結果を伝えています。
ここで、[말하다]「話す」は動詞で、[-고 나니까]がついて、[말하고 나니까]「話したら」となっています。

次の例文を見てみましょう。

회사에 사표를 내고 나니 복잡한 마음이 들었다.
会社に辞表を出したら、複雑な気持ちになった。

[내다]「出す」に、[-고 나니까]がついて、[내고 나니까]「出したら」となっています。

次の例文を見てみましょう。

친구를 만나서 수다떨고 나니 스트레스가 다 풀린 것 같아.
友達に会っておしゃべりしたら、ストレスが全部解消されたようだ。

[수다떨다]「おしゃべりする」はいい単語なので、丸ごと覚えてしまいましょう。
この単語に、[-고 나니까]がついて、[수다떨고 나니까]「おしゃべりしたら」となっています。

クイズ

( )の中には何番が入るでしょうか?

1.하루 푹 ( ) 컨디션이 돌아왔어요.
一日ぐっすり休んだら体調が戻りました。

(1)쉬고 나니 (2)쉬면

正解は(1)です。
[쉬다]「休む」に[-고 나니]をつけて、[쉬고 나니]とすれば正解です。
(2)にすると[쉬면]「休むとしたら」という仮定法になります。

하루 푹 (쉬고 나니) 컨디션이 돌아왔어요.

2. 친구와 여행을 ( ) 더 가까워진 것 같다.
友達と旅行に行ってきたら、もっと親しくなったような気がする。

(1)다녀오기 때문에 (2)다녀오고 나니까

正解は(2)です。
[다녀오다] 「行ってくる」に[-고 나니까]をつけて、[다녀오고 나니까]「いってきたら」とすれば正解です。
[다녀오기 때문에]は、「行くために」となり過去の出来事にはならないので間違いです。

친구와 여행을 (다녀오고 나니까) 더 가까워진 것 같다.

-고 나면

最後の文法、[-고 나면]は、動詞について、「〜し終わったとしたら」つまり「〜したら」、の意味になります。
動作が終わったときを仮定し、後ろには指示、提案、助言などの言葉が続くことが多いです。

先ほど[-고 나니까]は、前の動作が実際に終わってみて、結果こうだったよと伝えるのに対して、[-고 나면]は、仮定法なので、「これをやりおわったら、こうなるんじゃない?」みたいにまだ起きてないことを提案するときに使います。
ですので、語尾には未来形・現在形が来ることも特徴です。

次に、[-고 나면]の活用方法です。
動詞につき、パッチムがあってもなくても[-고 나면]をつけます。

では、例文で確認してみましょう。

미용실에서 머리를 하고 나면 기분이 좋아질거야.
美容院で髪の手入れをしたら、気分が良くなると思うよ。

[머리를 하다]も日本人がぱっと思い浮かびずらい難しい単語です。
これは「髪を手入れをする、髪をセットする」という意味です。

この単語に、[-고 나면]がついて、[머리를 하고 나면]「髪の手入れをしたら」となっています。
そして、最後に[좋아질거야].「良くなるとおもうよ」と助言しているのも分かったでしょうか?
このように、[-고 나면]の最後の文は助言になることが多いんです。

次の例文を見てみましょう。

기능 시험에 합격하고 나면 도로주행 수업을 받아야 한다.
技能試験に合格したら、道路走行の授業を受けなければならない。

[합격하다]「合格する」は動詞で、[-고 나면]がついて、[합격하고 나면]「合格したら」となっています。
文の構造もちょっと見てみましょう。「技能試験の次には、道路走行の授業を受けなければならないですよ。」のような指示のような表現が続いていますよね。

次の例文を見てみましょう。

알고 나면 너무 쉬워서 놀랄 거예요.
知ったら簡単すぎて驚くと思いますよ。

この例文で出てくる[알고 나면]「知ったら」はネイティブが慣用句のようによく使う表現です。
[알다]「知る」に、[-고 나면]がついて、[알고 나면]「知ったら」となっています。
これも文の構造をみると、「きちんと全て把握できたら、実はこんなに簡単なんですよ」と助言しているような口調になっています。

クイズ

( )の中には何番が入るでしょうか?

1.( ) 지금이 그리울 거야.
卒業したら今が恋しいと思うよ。

(1)졸업하고 나서 (2)졸업하고 나면

正解は(2)です。
[졸업하다]「卒業する」に[-고 나면]をつけて、[졸업하고 나면]とすれば正解です。
この[졸업하고 나면]「卒業したら」は仮定法になるので、まだ実際に卒業していませんよね。
(1)の[졸업하고 나서]は、「卒業してみたら」という意味になるので、実際に卒業してみての感想という感じになってしまうので、間違いです。

(졸업하고 나면) 지금이 그리울 거야.

2. 자료를 ( ) 퇴근 시간이에요.
資料を整理し終わったら退社の時間です。

정리하고 나면 (2) 정리하면

正解は(1)です。
これもちょっと難しく作成してみました。[정리하다]「整理する」に[-고 나면]をつけて、[정리하고 나면]「整理し終わったら」とすれば正解です。
(2)の[정리하면]は、「整理したら」という意味になり「整理し終わったら」までは伝えきれていないんですね。
日本語にあるようなないようなニュアンスなので、感覚を掴むのがちょっと大変かも知れません。

자료를 (정리하고 나면 ) 퇴근 시간이에요.

宿題

では今回の宿題を発表する前に、よく使う韓国語のことわざをお伝えします。

고래 싸움에 새우 등 터진다.
クジラのケンカにエビの背中が裂ける

日本語で言うと「とばっちりを受ける」に近いのですが、クジラというのが強者、エビは弱者を意味します。
強いもの同士でケンカしていると、近くにいる弱い人にまでとばっちりがありますよね。

宿題は2つあります。まずは今回習った文法を使って、3文ほど作文しましょう。

1. [-게 하다]を使って文を作ります。
《例》
명상은 내 마음을 평온하게 합니다.
瞑想は私の心を平穏にしてくれます。

2. [-고 나니(까)]「し終わったら」を使って文を作ります。
《例》
한국 드라마를 보고 나니까 한국에 가고 싶어졌어요.
韓国のドラマを見終わったら韓国に行きたくなりました。

3. [-고 나면]「〜し終わったのなら」つまり「〜したら」を使って文を作ります。
《例》
목욕을 하고 나면 피로가 풀릴 거예요.
お風呂に入り終わったら疲れがとれると思いますよ。

今回は、[-고 나니(까)]「し終わったら」、[-고 나면]「〜し終わったのなら」のようになんか微妙なニュアンスの違いもあるので、皆さんが気を付けながら、作文を提出されるのをワクワクしながら待っています!


宿題の2つ目は単語暗記です。
中級単語一覧表の12ページの921番から960番までの単語40個を暗記してきてください。
このページの一番下で、この40単語の単語クイズができるようにしてありますので、40個の単語を覚えたらぜひ挑戦してみてください。

以上です。お疲れ様でした。
그럼 오늘도 행복 가득, 웃음 가득한 하루 되세요! 한국어 화이팅, 화이팅, 화이팅!!

40問 単語クイズ

中級単語帳の921~960番までの単語の4択クイズが、ランダムに40問表示されます。
回答後に表示されるTwitterボタンで、結果をシェアしましょう!

★この記事が有料以上だと感じたら、トミを応援してみませんか★

トミを応援する

韓国語が学べるLINE登場!
トミの初級・中級の韓国語講座が、全てLINEで学べるようになりました!
友だち追加して、さっそく学習を始めましょう↓

友だち追加

作文力がみるみる上がる!韓国語の3行日記添削
毎朝LINEで送られてくる日替わり日記動画を参考に、韓国語で日記を書く習慣をつけてみませんか?
中級韓国語講座
トリリンガルのトミ韓国語講座:単語・文法・勉強法