【このサイトで学べること(初めての方へ)】>>

エデュチューバー(Edu tuber)とは?教育系Youtuberの未来

皆さんエデュチューバー(Edu tuber)とうい言葉を知っていますか?日本では教育系Youtuberとも言われたりします。

かくいう私も、このエデュチューバーの一人として、Youtubeで韓国語講座を運営しています。今回はこのエデュチューバーとは何か、そしてエデュチューバーの一人でもある私が思う、エデュチューバーの未来について少し話してみたいと思います。

現在、10代から30代くらいの若い人であれば、1日に1時間以上Youtubeを見るなんて人も珍しくありません。Youtubeが、私たちの生活の一部になっていることは誰も否定できない事実だと思います。

このYoutubeを運営しているのは検索エンジンで有名なGoogleなのですが、実際の動画を配信しているのは、個人や企業だったりします。

そしてその中で、特に個人や数人のグループでYoutubeに自分のチャンネルを開設して動画配信をする人のことをYoutuberと言います。Youtuberが子どものなりたい職業で上位に入っていることも有名な話ですよね。

では皆さんはYoutuberをどれくらい知っていますでしょうか?例えば有名どころで言えばヒカキンさんとか、はじめしゃちょーさんは知っているのではないでしょうか?実はこういった有名なYoutuberさんたちのほとんどは娯楽・エンタメ系のジャンルで動画配信しています。

体を張った面白い企画や「○○やってみた」みたいな感じで、視聴者を笑わせたりほっこりさせるタイプのチャンネルです。

それ以外に人気があるのがゲーム実況系のチャンネルです。先ほどのヒカキンさんもやっていますし、兄者弟者さんとかも有名です。

スポンサーリンク

エデュチューバー(Edu tuber)とは何か?

このように、Youtube・Youtuberには様々なジャンルがあるのですが、その中で教育・学習に特化したチャンネルを作っているYoutuberのことを、教育系Youtuberと言います。

例えば有名どころで言えば、「バイリンガール英会話」のちかさんは知っている方は多いのではないでしょうか?

他にも「とある男が授業をしてみた」の葉一さんなどは、小学校から高校までの数学に特化した動画を配信しています。

また、『予備校のノリで学ぶ「大学の数学・物理」』のたくみさんは、大学レベルの数学・物理を黒板で講義する形式で教えています。

このように、Youtubeは楽しむものだけでなく、学ぶものとしても使うことができ、そういったコンテンツを配信しているのが教育系Youtuber、エデュチューバー(Edu tuber)ということになります。

2017年にYoutubeの幹部が、これからはエデュチューバーを支援していくと発表したそうです。主にはアメリカや欧米のエデュチューバーが対象になるのかと思いますが、今後Youtube自体がエデュチューバーをフューチャーしていく流れがあることは間違いないと思います。

スポンサーリンク

私がエデュチューバーになった理由

私がYoutubeを始めようと思ったきっかけとなったのは、私が運営する韓国語教室です。私は鹿児島県出水市という人口5万人の小さな町で韓国語教室を営んでいます。

そして、授業をやっていくと、時々「あ、説明し忘れた」とか、「もっと違った形で説明したら分かりやすかった」みたいなことが度々出てきます。

そこで、生徒さんたちの学習のフォローアップを目的に、ついでにもっと多くの人にも韓国語の楽しさを知ってもらおうと思って始まったのが私のチャンネル、「トリリンガルのトミ:韓国語講座」です。

ですから、私は始めからエドゥチューバ―になりたいと思っていたわけではありません。例えば私のチャンネルの中で現在一番見られているのがこの韓国語の単語聞き流し動画で、約20万回再生になります。

しかし、これを作ったのも単にうちの生徒さんが韓国語能力試験を近々受ける予定だったので、それに使えるようにと準備したものでした。ちなみに今、この動画はYoutubeで「韓国語 単語」で検索すると一番に表示されます。

こうしてYoutubeを始めてみると、予想外に大きな反響があり、たくさんの方がチャンネル登録してくださったりコメントを送ってくださいました。また、意外にも韓国語に関心のある多くの方々が、Youtubeを使って勉強していることも知りました。

そこで、そういった独学で頑張っているみなさんに、少しでもお役に立てられるコンテンツを作っていこうと思いました。

調べてみると、私のように教育コンテンツを専門的にYoutubeで配信する人のことを、教育系Youtuberとかエデゥチューバ―とか言うらしいと言うことを知りました。

そこで、私もそういったコンテンツを配信して語学教育系Youtuberになろうと思ったのが、私がエデュチューバーになった理由です。

ですから、なろうとしてなると言うよりは、結果的になっていたというのが本当のところです。たぶん他の教育系Youtuberさんたちも、だいたい同じような理由なのではないかと思います。

スポンサーリンク

教育系Youtuberの未来

私は今後、教育系Youtuberがさらに増えてくると思います。なぜなら、教育分野と言うのは本当に幅広いからです。

例えば、英語や受験対策などはもうすでにかなりのYoutuberさんたちが活躍していますが、私のようにそれ以外の言語、例えば中国語やスペイン語だとまだそれほど競争も激しくありません。もっとマイナーな言語ならなおさらです。

さらに、言語だけでなく何かの技術を教えるだったり、国家試験の対策講座など、まだ誰も手を付けていないような分野がいくらでもあります。

そして、そういう分野で新たな教育系Youtuberが立って、今までYoutube上に無かったコンテンツを配信し始めたら、学びの場がさらに広がり、社会がもっと豊かになると思います。

何て言ったって、無料!というのがYoutubeの最大の強みではないでしょうか?

また、インターネットによる情報収集の方法も変わり始めています。以前はブログなどのテキストベースの情報収集が主流でしたが、最近ではインスタなどの画像ベースのものも増えました。

そして、これからは動画です。テキストよりも画像よりももっと物事を理解するのに役立つのは、どう考えても動画ではないでしょうか?そういう意味でもこれから社会のニーズとしても、教育系Youtuberの活躍の場は広がる一方だと私は思います。

ですので、もしこの記事を読んでいるみなさんが、教育系Youtuberという分野に興味があるのでしたら、ぜひ一緒にこのジャンルを盛り上げていただけたらと思います。

最後に皆さんに一つのサイトをご紹介します。

勉強×YouTube スタディチューブ
【教育YouTuberのポータルサイト】勉強を教えてくれる教育系YouTubeチャンネルや講義動画を検索することができます

これはスタディチューブという教育系Youtuberのキュレーションサイトです。私も登録しています。

もし皆さんが新しく教育系のコンテンツをYoutubeに配信し始めましたら、ぜひこのサイトにも登録することをお勧めします。

また、単に利用するだけでもたくさんの教育コンテンツに触れられますし、レベル別、教科別に検索なんて言うこともできますので、ぜひ一度見てみてください。

ということで、私もこれからエデュチューバーとして、たくさんの韓国語学習に役立つコンテンツを配信していきたいと思っていますので、応援よろしくお願いします。

まだ私のチャンネルを見ていない方は、ぜひ一度見に来てみてください。

ではまた次回、お会いしましょう!안녕!