【このサイトで学べること(初めての方へ)】>>

[韓日対訳]檀君神話/단군신화:古朝鮮の建国ドラマ

Tomi
Tomi

檀君神話についてご紹介します。

 

今回は檀君神話を、ドラマの形式でご紹介します。

檀君神話は韓国人なら必ず誰もが知っている、古朝鮮の建国の伝説です。

細かく知らなくてもいいのですが、日本の方も大まかなストーリは知っておくといいと思いますよ。

では韓国語と日本語を併記して紹介しますので、韓国語学習にも役立てつつ読んでみてください。

 

スポンサーリンク

檀君神話

 

나레이션: 아주 옛날 옛날에 곰과 호랑이가 살고 있었습니다.

ナレーション:昔々、あるところに熊と虎がいました。

 

호랑이:있잖아, 곰아, 나 인간이 되고 싶어.

虎:ねえねえ、熊。僕さ、人間になりたいんだよね。

 

곰: 정말? 나도 그래. 나도 인간이 되고 싶었어.

熊:えっ、そうだったの?私もだよ。私も人間になりたい!

 

호랑이: 그럼 하나님께 부탁해서 인간되게 해달라고 하자.

虎:そうだよね。そしたら、神様にお願いして、人間にしてもらおうよ!

 

곰: 그래. 맞아. 하나님께 부탁해서 인간이 되자!

熊:そうだね!神様にお願いして人間になろう!

 

곰과 호랑이:하나님 우리를 인간이 되게 해주세요.

熊&虎:神様、神様、僕たちを人間にしてください。

 

하나님: 인간이 되는게 그리 쉬운일인줄 알아?

神様:人間になるのが簡単だと思っていたら大間違いだぞ!

 

곰: 그래도 인간이 되고 싶어요. 인간이 되고 싶어요.

熊:それでも人間になりたいんです!人間になりたいんです。

 

하나님: 알겠네. 하지만 인간이 되는건 길고 괴로운 노정이 될세다. 해낼 수 있을지…

神様:分かった。だが、人間になるのは長く苦しい道のりになるが、乗り越えられるかな。

 

곰과 호랑이: 해낼게요.

熊:はい。

 

하나님: 그럼 100일동안 마늘만 먹고 동굴안에서 살아. 동굴 밖에는 절대로 나가면 안 된다. 이 시련을 견디면 인간이 되게 해주지

神様:それでは100日の間、ニンニクだけを食べて、洞窟で生活するんだ。この試練を乗り越えられたら人間にしてあげよう。

 

곰과 호랑이: 네!

熊虎:はい!

 

나레이션: 곰과 호랑이는 백일동안 마늘과 쑥만 먹고 동굴안에서만 생활하게 되었습니다.

ナレーション:虎と熊は100日の間、ニンニクだけを食べて洞窟で生活することになりました。

 

곰: 호랑이야, 호랑이야,,, 아 죽었어!! 아니네 살아있었네. 자고 있었던 것 뿐이었구나.

熊:虎、虎、ああああ死んでる‼!あ、生きていた。寝てただけなのね。

 

호랑이: 아니야 더이상은… 나는..

虎:もうだめだ。これ以上、俺は、、

 

곰: 기다려! 호랑이…. 으으으… 호랑이 몫까지 내가 이 시련에 견뎌서 반드시 인간이 되고 말거야.

熊:待って‼!虎!ううう虎の分も私がこの試練に耐えて、人間になってみせる!

 

나레이션: 호랑이는 중간에 도망갔지만 곰은 혼자 시련을 견디고 또 견뎠습니다.

ナレーション:虎は途中で逃げていきましたが、熊はたった一人で試練に耐え続けました。

 

나레이션: 그리고 곰이 견디는 모습에 감동한 하나님께서는 백일 후에 드디어 곰을 인간의 여성으로 지으셨고, 이름을 웅녀로 했습니다. 웅녀는 인간의 여성으로서 살고 있었습니다만 혼자 사는 모습을 보고 안쓰럽게 생각한 하나님은 인간의 남자의 모습으로 변해서 웅녀와 결혼해서 애기를 낳았습니다. 그 둘 사이에 태어난 아들은 단군이라고 하며 세상을 널리 다스리는 왕이 되었습니다.

ナレーション:そして、熊が忍耐する姿に感動した神様は、100日目についに熊を人間の女性にしてくれました。そして、熊女(ウンニョ)という名前まで付けてくれました。しかし、熊女が一人だけでいるのを可哀そうに思った神様は、自ら人間の男の姿になり、熊女と結ばれました。そして二人の間から生まれてきた息子は檀君と名付けられ、世界を治める王となりました。

 

※여러 설이 있음

※諸説あり

 

檀君神話は以上です。

ではまた次回お会いしましょう。