トミの韓国語講座が、LINEで全部学べます!登録はこちら>>

【今日からすべし】最強の韓国語勉強法を教えます

여러분 안녕하세요.
토미입니다.

今日は、最強の韓国語勉強法についてお伝えしたいと思います。

皆さんは普段、いろんなスタイルで韓国語を勉強していますよね?

例えば、教科書を読む、授業を聞く、ドリルを解く、講義動画を見るなど、いろいろな方法があると思います。

もちろん自分に合ったスタイルで勉強されていると思いますが、実は勉強スタイルによって、学習の定着率が全然変わってくるんです。

つまり、同じように勉強していても、学習スタイルが違うだけで、学んだことをすぐに忘れてしまう人と、記憶に定着できる人に分かれてしまうということなんです。

もし自分が学習定着率の低い勉強方法ばかりやっていたら、これは深刻な問題ですよね。

そういう人はさっそく、これからお伝えする学習定着率の高い学習方法の割合を増やしていってみてください。

というわけで今回は、最も学習定着率の高い、最強の学習方法についてご紹介します。

早速今日から実践できる方法もご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

また、今後もこのような韓国語学習に役立つ情報を配信していきますので、いいねとチャンネル登録も忘れずにお願いします。

그럼 시작할게요.

最強の韓国語勉強法

まず最初にラーニングピラミッドというものをご紹介します。

アメリカ国立訓練研究所の研究によると、どの学習方法がどの程度の学習定着率になるかは、「ラーニングピラミッド」という図で表すことができます。

この図では、一番上が一番学習定着率が低い学習方法で、一番下が学習定着率が高い学習方法となります。

上から順に、講義の学習定着率が5%、読書が10%、視聴覚教材が20%、デモンストレーションを見るのが30%、グループディスカッションが50%、自ら体験するのが75%、そして他の人に教えるのが90%となっています。

このラーニングピラミッドでは、上の方の学習定着率が低い学習方法は、講義や読書などの受動的なものが多くなっています。

反対に下の方の学習定着率が高い学習方法には、体験することや教えることなどの能動的なもの、アクティブなものが多い、という特徴があります。

そして、講義だけをうけることよりも、人に教える事の方が、10倍以上の学習定着率があるという結果となっています。

このラーニングピラミッドを参考に、ご自身の学習方法を点検していくことがとても大切になります。

例えば、自分は教室に通って先生の授業を聞くだけだという場合は、学習定着率は5%ですが、その後に他の生徒さんと授業の内容を話し合っていくことで、定着率は一気に50%に跳ね上がります。

また、私のyoutube動画で勉強していますという方は、視聴覚教材の学習定着率20%ですが、学んだ内容を人に教えていますという人は、学習定着率が90%になります。

このように、日々の韓国語学習をいかにアクティブなものにするかということが、ポイントだといえます。

このことを踏まえて、私の講座で学習されている皆さんにお勧めする、最強の勉強法を3つご紹介したいと思います。

最強勉強法①:音読する

最強の勉強法の1つ目は音読です。

私の初級講座の最後の方に、毎回会話文を声に出して読んでみましょう!というコーナーがあるのですが、みなさん音読しているでしょうか?

音読は学習ピラミッドで言えば、学習定着率75%の「自ら体験する」に該当します。

音読することで、今日学んだ単語や文法を自分がどれくらい理解できているかを確認することができます。

さらに、模範音声に続いて音読することで、発音の改善にも繋がります。

私の初級講座では、5回は音読しましょうと言っていますので、本当に5回音読してみてください。

中級講座では会話文はありませんが、毎回クイズの後に一緒に読んでみましょう、と言っているので、ぜひ本当に声に出して読んでみてください。

音読のポイントは、登場人物になり切ったつもりで、感情を込めておこなうことです。

記憶と感情は強く結びついているので、感情を込めた分だけ記憶にも定着しやすくなります。

音読を一切せずに語学を習得することは絶対にできません。

ぜひ今日から実践しましょう!

最強勉強法②:作文をする

最強の勉強法の2つ目は作文です。

これも、定着率75%の「自ら体験する」に該当します。

私の韓国語講座では、初級でも中級でも毎回必ず、学習した文法を使って作文をしてください、とお伝えしています。

はっきり言って作文は音読よりもさらにレベルが高いです。

音読は多少よく分かっていなくても読めたりしますが、作文は自分が文法を理解していないと書けません。

また、韓国語学習者の方は一般的に、「読む」「聞く」「書く」「話す」という語学の4要素のうち、「書く」ことが一番苦手です。

その証拠に、韓国語能力試験のTOPIKⅡでは、ライティングの平均点は約30点となっていて、リスニングやリーディングの約半分の点数です。

また、語学の世界では一般的に書けないことは話せないので、作文が苦手な人は結局、話せるようにもならないことが多いです。

ですからぜひ、今日から講座が終わるたびに作文を書いてみましょう。

また、もちろん自分のノートに書くのもいいですが、できればYouTubeのコメント欄やSNSに投稿してみましょう。

このように、学んだことをシェアすることは、学習定着率50%の他者と議論する」にも繋がっていきます。ぜひ今日から実践してみてください。

 

最強勉強法3つ目の前にお知らせです。

私は、全くの0から中級レベルまで、無料で体系的に学習できる、トリリンガルのトミ韓国語講座を運営しています。

約120本ある動画を順番に見ていき、課題をこなすだけで、約4000個の単語と200の文法表現を習得できるようになっています。

全ての講座をやり終えて、最終試験をパスした方には、もれなく修了証を発行しています。

YouTube上でも学習できますが、LINEからならワンクリックで見たい動画を呼び出せるので超便利です。

全ての講座をやり切って、韓国語マスターになっちゃいましょう!

皆さんは必ず達成できます!

最強勉強法③:先生になってみる

最強の勉強法の3つ目は、先生になってみるです。

まさにラーニングピラミッドの中でも最高峰、「他人に教える」を実践してみましょうということになります。

先生になるといっても、何でもかんでも説明できなくても全然OKです。

自分が知っている範囲で教えてあげれば大丈夫です。

例えば、もし近くに、韓国語を学んでみたいと思っているお友達がいたら、가나다라の読み方を教えてみる、というのも良いと思います。

もし同じレベルの韓国語学習者が近くにいれば、お互いに教え合ったり、クイズを出し合ったりするのも効果的です。

こういう感じで、自分が学んだことを、ぜひ誰かに教えようとしてみてください。

信じられないほど頭がフル回転すること間違いなしです。

でも中には、自分の周りに韓国語に関心がある人なんて全然いません、という人もいると思います。

そういう時は、キャラクターグッズでも人形でも、場合によってはペットでもいいので、とにかく語りかける相手を用意して、説明してみましょう。

忘れないでいただきたいのは、これはあくまでも勉強法ですので、説明のうまい下手が重要ではありません。

説明しようとして頭をフル回転させることが一番大切です。

ですので、意外と人形を相手にしていても効果があります。

ただ、教えるというのは準備も必要になりますので、毎日できなくても大丈夫です。

週に1回とか、講座を5回分進んだらと言った形で間隔を決めて、定期的に実践してみてください。

定着率90%と言われるだけあって、ものすごい頭のフル回転を体験できること間違いなしです。

 

以上です!

今回は、ラーニングピラミッドを元に、最強の韓国語勉強法についてご紹介しました。

どんな学習方法が効果的なのか、そしてどうやってそれを自分の学習の中に取り入れるかについて、ぜひいろいろ取り組んでみて頂けたらと思います。

こんな学習方法を実践しています、またはやってみようと思います、みたいなことがあれば、ぜひコメント欄から教えてください。

ではまた次回お会いしましょう。

한국어 화이팅 화이팅 화이팅!

韓国語が学べるLINE登場!
トミの初級・中級の韓国語講座が、全てLINEで学べるようになりました!
友だち追加して、さっそく学習を始めましょう↓

友だち追加

作文力がみるみる上がる!韓国語の3行日記添削
毎朝LINEで送られてくる日替わり日記動画を参考に、韓国語で日記を書く習慣をつけてみませんか?
ブログ
トリリンガルのトミ韓国語講座:無料なのに有料以上!